東アジアカップ(7月20日から韓国で開催)に臨む日本代表メンバー23人

 サッカーの東アジアカップ(7月20日から韓国で開催)に臨む日本代表メンバー23人が15日、日本サッカー協会から発表された。今回は海外組が招集できず、3戦全敗に終わった先のコンフェデレーションズカップのメンバーから19人が入れ替わり、内10人が初選出となった。その中に招集への待望論が高まっていたFW柿谷曜一朗セレッソ大阪)の名前があった。
 東京・文京区のJFAハウスで記者会見に臨んだアルベルト・ザッケローニ監督の口から「カキタニ」という固有名詞が飛び出したのは、「トップ下ができる選手は広島の高萩くらいとなるが」という最初の質問に対する答えの中だった。













 「山田もトップ下ができると思っているし、柿谷もできると思っている」
 セレッソでワントップを務め、J1の得点ランクで4位タイとなる10ゴールをあげている柿谷について,
ザッケローニ監督はさらにこう続けた。
「サイドができるかどうかは現時点で分からないが、能力的にはできると思う。この間の試合を見たが、今のセンターフォワードのポジションで、相手のDFラインの駆け引きを含めて非常に成長している。(代表では)現在のセンターフォワードのポジションで見るのが適切ではないかと思っている」

東アジアカップ代表メンバー 山田、青山、鈴木は代表候補合宿への招集歴あり
 セレッソや2011年シーズンまで期限付き移籍していたJ2 の徳島ヴォルティスでは、トップ下や中盤の両サイドとしてプレーした経験がある。ザッケローニ監督は、選手選考において複数のポジションをこなせるユーティリティー性を重視する。東アジアカップでも「4‐2‐3‐1」のフォーメーションを採用する予定で、そのワントップと2列目、合わせて4つの攻撃的なポジションを任せられる柿谷は、今回招集されたチームにおいて、まずは、試合出場のチャンスをもらえるひとつのアドバンテージを獲得したことになる。

 もっとも現時点でザックジャパンの攻撃陣の層は厚い。本田、香川、岡崎の3人はよほどの故障がない限り不動だろうし、ワントップを務める前田遼一ジュビロ磐田)への信頼も厚い。来年のブラジルW杯までの代表ザバイバルの中で、そこに柿谷が割って入るのは簡単ではない。
 実際、ザッケローニ監督自身も、次のように公言してはばからない。
「フル代表のメンバーに入ってくるのが難しいと言われる点については、ポジティブにとらえたい。特に前線のメンバーは実力を備えた、能力の高い選手が多い」

そうした中へ柿谷が風穴を開け、居場所を築き上げるためには何が必要なのか。指揮官は「代表に取り組む意識や代表にかける思いを、注意して見ていきたい」とした上でこんな条件を挙げた。
「ポイントは一人の選手が攻守の両方をできること。W杯ではタフな戦いが多くなる。守るだけの戦いをするつもりはないが、どちらかしかできない選手が代表に入ってくることはできない」
 セレッソのワントップに定着し、攻撃陣をけん引しはじめた昨シーズンの後半から、柿谷が口癖のように語っている言葉がある。
「自分のゴールでチームが勝てればいいですし、自分のアシストでチームが勝つのもいいですし、もちろん自分の守備で勝つのもいい。90分間の中でどれをどの場面で出すのかは瞬時の判断になりますけどね。自分がゴールしなくてもチームが勝てばいい、という言葉はホンマに僕に合っていると思うんです」

 16歳でセレッソとプロ契約したのが2006年。若さゆえ自分自身を見失い、練習に遅刻するなど練習態度に対する懲罰の意味を込めて、期限付き移籍でJ2の徳島へ武者修行に出されたこともあった。どん底から這い上がってきた男は、どうすることがチーム貢献につながり自らが生き残れるかを常に考え続けている。
「豊田君みたいにゴール前へ飛び込んでいって強引にゴールを奪うようなプレーは僕にはできないと思うので。ホンマのセンターフォワードのような力強さには欠けますけど、それでもセレッソの一番前を任されている限りは、常にゴールに絡まないといけないので」

 弾き出された答えは、流れの中で常に前を向けるポジショニング。同じく招集された185cm、79kgのFW豊田陽平サガン鳥栖)を「剛」とするならば、177cm、66kgとFWとしては決して恵まれていないサイズの柿谷は「柔」のストライカーとなることにこだわった。Jリーグにおいても、滑らかなトラップから一瞬で相手DFを置き去りにして、相手ゴール前の危険地帯へスルスルと侵入しては鮮やかに、軽やかにゴールを陥れてきた。守備での貢献度が大きいことも、柿谷がJ2の徳島時代に学び、変わった点だ。

 柿谷をはじめとする国内組から10人を初招集したザッケローニ監督は、会見でこんな檄を飛ばした。
「自分たちが今できることをJリーグの舞台にとどまらず、インターナショナルのレベルで通用することを見せてくれるチャンス。チーム内の競争がより激しくなれば、より成長が促される。今回のメンバーから新しい刺激を受けたいと思っている」
 新戦力の競争力がザックジャパンの底上げにつながるのか。そして、来年に向けて、国内組の中から誰が生き残るのか。初戦の中国戦から先発起用される可能性の高い柿谷は、まず、そこで存在感を示さねばならない。











                      (文責・藤江直人/論スポ)

初選出の柿谷はザックJに生き残れるのか?(THE PAGE) - Yahoo!ニュース





初選出の磐田・山田は「夢と感動を与えられるサッカーを」
東アジア杯 日本代表メンバー発表

 J1磐田は15日、東アジア杯に臨む日本代表メンバーに選出された2選手のコメントを以下の通り発表した。

 ▼DF駒野友一 日本代表に選ばれること、いつになってもうれしい気持ちは変わりません。今回も初めて選ばれた時のように、フレッシュさや誇り、責任を持ち頑張ってきたいと思います。W杯のメンバーに選ばれるよう、この大会も1試合1試合大切に戦ってきます。ジュビロ磐田でのJリーグも含め全てにおいてアピールできるよう頑張ります。

 ▼FW山田大記 日本代表に選ばれ大変光栄に思います。選ばれただけでは意味がありません。日頃のJリーグそしてトレーニング全てで自分を向上していけるよう、準備からピッチ内外でも勝負していきたいと思います。日の丸を背負う責任と誇りを胸に、夢と感動を与えられるサッカーを見せられるよう楽しんできたいと思います。自分としてもチームとしても結果が残せるよう努力します。

初選出の磐田・山田は「夢と感動を与えられるサッカーを」― スポニチ Sponichi Annex サッカー






ベテラン駒野が「大役」 31歳で初主将指名
 国際Aマッチ75試合出場を誇る31歳の駒野が初の「大役」に指名された。

 主将は誰になるのか?との質問に、ザッケローニ監督は「サプライズ!」と笑い続けた。「若い選手や国際Aマッチ出場経験がゼロという選手はやらないと思う。駒野のこれまでの日本代表に対する貢献度、彼のサッカー選手としての歴史を考えれば彼しかいない」と話した。駒野を除けば他選手はいずれも出場20試合未満。今大会ではベテランのキャプテンシーも期待される。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/07/16/kiji/K20130716006225330.html