第62回 よさこい祭り

 南国土佐の熱い祭りが懐かしい

そこに住まいするときには

なんの思いもなかったんだけど…。

まなみさんは「よさこい」が大好きだったなぁ

いつの日か大きくなったら参加しているかも?

そんなふうに今でも思う。



リンク『よさこい祭り本番 - gaboくん にゃニャァにゃ(高知そして金沢編)
2013年8月11日





 秦演舞場で鳴子を持って踊り

愛宕で先輩たちの踊りを見学するのが毎年の決まりでしたから


愛宕競演場
「愛ある暮らしのお手伝い」がキャッチフレーズの愛宕商店街の車道1、000mが競演場です。よさこい祭りの中でも桁外れに長〜く、全身全霊で踊りきる様は感動もの(当人の達成感と感動もハンパない)です。約40分の超ロングステージなので「無理はせん。けんど頑張る!」でお願いします。ゴール地点の沿道の方は惜しみない拍手をおくっちゃってよ!両側のアーケードのもと様々なお店が並ぶので観覧も楽しく安心ですよ。三志士像集結の高知駅前演舞場から一番近い会場がここ愛宕。高架下の安全な道通ってまっすぐ徒歩8分強で来れるがよ。審査場は1ケ所に集中し、みんなを温かく見てますよ〜!岡田以蔵平井収二郎が投獄された牢屋の一部が移設されている「薫的神社」が近隣にあります。

リンク『競演場・演舞場案内-南国土佐・高知「よさこい祭り」公式Webサイト





 YouTubeの動画を「よさこい 2015 愛宕」で検索して

今現在の「愛宕商店街」をまた懐かしく見たりして

ママと「なにも変わってないね」

そりゃ、1年で変わってもらっても困る…。

子どもたちの成長を見守ってくれた街です。

あたご幼稚園のマナ友さんたちは元気かなぁ

リビングには頂いた写真入りの寄せ書き飾ってますよ


 あの場所に行くことはもうないけれど

ママといっしょに話すのは

いつの日か「高知」に遊びに行こう

そう!美味しいカツオを食べにねっ!