2016年8月 北海道旅行回想録 1

 2016年夏

一家4人で北海道旅行

まなみさん 6歳1ヶ月

さとしくん 3歳6ヶ月


 最初の企画段階では「九州地方」が第一候補で

そして、どこに行こうか?を相談

せっかくだから、今まで行ったことのない場所

それなら鹿児島県

指宿の砂風呂も面白いかも

九州は焼酎王国だからパパの楽しみも広がるし

さとしくんには九州新幹線もある

じゃ、まなみさんに合うアトラクション付きの施設は

ハウステンボスにはありそう

そんなふうにママと相談もしていたところに

熊本地震が起こり

夏の旅行として子ども達を連れて行くべき場所ではないと判断

確かに今でも余震が続き

まなみさんは6歳にして、まだ地震は未体験

静岡在住であれば

今月9月1日には大掛かりな防災訓練にも参加していただろうし

6歳までには何度かの地震にも遭遇していたに違いない

が、しかし

敢えて経験させる必要もないし

リスクは避けて当然なのが「家族旅行」



 沖縄や関西も候補地にしながら

「北海道」を旅行地に選択

北海道は見たことなくっても広大な大地が魅力

観光地も多く

自然はそのままに美しい

行きたいエリアは多いが移動距離もかさむ

子どもの顔を見ながら

旭川市旭山動物園」に連れて行くべきか?

富良野のラベンダーの季節ではない

1日の移動距離は120キロに抑える

車酔いが旅行の苦い思い出にはさせないようにする

そんなふうに旅行会社さんとも相談しつつ

詳細な宿泊施設等の企画立案は

ママにお任せです

(我が家はそうした方が上手くまとまるんです)




 8月21日(日)小松空港12:00 ANA1173便













 12:00のフライトで

昼食は小松空港内でサンドイッチやおにぎりの軽食

時間には余裕も持たせているから

「これから飛行機で出発!」のワクワク感を

走り回りながら高めてる感じ…。

まなみさんのウインクも上手になったんだねぇ

 搭乗口からの乗り込みは1番最後にゆったりと

窓側のお席の方からって誘導でしたので

旅客を待たせて最後に航空機内に!

ただ、まなみさんもさとしくんも飛行機には何度も乗っていて慣れてる?

さとしくんは着陸時は熟睡で起きなかったもんね




 新千歳空港には予定通りの13:30には到着

らくらくレンタカーチェックインプランで

タクシーでトヨタレンタカーさんの最寄り店舗まで移動

旅行前半が「雨」になることはわかっている事

しかし、北海道の大地に降り立つと

不思議なくらい気忙しく、速走で向かう

 最終日には、この空港で買い物したり長い時間を利用するので

通り過ぎるようにして、レンタカーを借りる。

目的地はニセコの宿泊施設

『ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ

ホテルに3日間連泊してニセコを遊び切る作戦です

レンタカー受付さんのレクチャーを受けて

ホテル到着予定時間は移動3時間で5時?

ナビに目的地を入力すると110キロ程度

大した距離ではない

途中、道の駅に立ち寄りながら

下道をのんびり走る

さとしくんはお昼寝移動でしたねぇ






 ホテルにはキッチンとダイニングテーブルもあって

お気に入りのものを買い込んで食事ができます。

道の駅ニセコビュープラザ

何ヶ所かの道の駅に立ち寄りながら

17時前くらいに到着しました。

この時間のニセコでは雨が上がっているんです

カボチャを3個重ねたのはまなみさん

そういう悪戯をするときの姉弟はニコニコ笑顔


 この「道の駅ニセコビュープラザ」には

フードコーナーがあるということで

今晩の食材もgetしたかったのですが

17時前にはシャッターが降りちゃっていて店じまい…。

ホテルにはレストランもあるので無理することはないんだけど

まなみさんとさとしくんが

食べたいものを食べたいだけ頂くってもの旅行の楽しみ?

農産物直売コーナーでメロンを購入

今晩のデザートになるかなぁ


 レジで店の方に付近にあるスーパーマーケットについて聞くと

Aコープさんがあるけれど18時終了なんだとか

このあたりのスーパーマーケットに関しては制覇して詳しくなりましたねぇ

20キロくらい離れた隣町までも出掛ける

生活したとして、生鮮食品などの事は

冬の雪道なんかもあるわでで

自分たちとは違った苦労なんかもあるんだろうなぁ

「北海道に転勤したらどうする?」:パパ

「住めば都っ!でも、もう少し都会がイイ」:ママ




 メロンは冷蔵庫で冷やしておいて

デザートは「信玄餅

金沢に置いておくと日切れになるとかで

北海道まで持ち込んだそうです

(σ・∀・)σさっすがぁ〜ママです。