J1リーグ 第23節 vs.セレッソ大阪



名波 浩 監督
――試合の総括立ち上がりからゴールに向かっていく姿勢、前選択のパスもそうですし、サポートもそうですし、相手を下げさせることを十分にやれたのではないかなと。戦前の狙い通りのゲーム展開が出来たのではないかなと思っています。今日は23節目ですが、(セレッソは)22試合戦って2試合しか完封されていないチームなので、1点くらい取られるだろうと。だから1点くらい何ともないと。もしそうなったとしても、諦めずに、さぼらずに、切らさずにやっていこうということを伝えていて、後半は押し込める回数が増えたのではないかなと。木本が入って3バックになってから、出てくる回数も減っていましたし、ヘディングシュートがポスト、それからカミックと、あそこはラッキーだったことも手伝って、我々は非常に前がかりにサッカーが出来たと思います。今、2位にいるクラブに対して、チャレンジャー精神を持って戦えたのではないかと思います。ひとつ懸念せざるをえないものは、前半途中に宮崎が腰を痛めて交代、それから荒木がケガをしてしまって。先週の練習試合の松本に続いてケガ人が出てしまって、我々としてやりくりが難しくなると思うのですが、ここはいる選手に奮起してもらいたいと思います。次節またホームで試合が出来るということで、今日の3ポイントに近い1ポイントを生かして、関西勢3連戦の最後、ポドルスキ―加入のヴィッセルから3ポイントを取って、ゆっくり国際マッチデ―のレストに入りたいなと思っています。

――今日も中村俊輔選手のキックから得点になりましたが、監督から見て何が違うのかキックの精度という言葉でいくと、彼以上の選手はもちろんいないと思うのですが、特筆すべきは、あそこでショートコーナーを選択して、速いボールではなく緩めのボールを入れる、アダイウトンがいなくなったゲーム状況の中で、大井か川又が一番ヘディングが強い。ちょっと下がったところで待てる、合わせられると。そういった選択肢、それからボールの変化、これを出来るのは世界でも有数だと思っています。セットプレーで点が取れる、止まったボールで点が取れるというのは非常に簡単だと考えられがちで、「セットプレーだけだ」と言われがちですが、(中村が)それ相応になるまでどれだけ努力してきたか。それと1月14日に始動して約7カ月、その期間でよくこれだけアジャスト出来たなと。俊輔を分かっている中の選手、中の選手の特徴を分かっている俊輔、このお互いを学ぶ心が、ゴールシーンが増えている要因だと思っています。セットプレーの練習をやっている回数は少ないのですが、お互いの特徴をよく理解していますし、相手がファウルしなければセットプレーもコーナーキックももらえないわけで、そういう状況にさせている今のチーム状況は、やはり矢印的には上向きなのではないかなと思っています。

J1リーグ 第23節 vs.セレッソ大阪 | 試合日程・結果 | ジュビロ磐田 Jubilo IWATA



磐田・名波監督、「1点ぐらい何でもない」と選手たちを鼓舞

                 前半、マークをかわしパスを出す
                  磐田・中村(右)=ヤマハ



 明治安田生命J1リーグ第23節が19日に行われ、ヤマハスタジアムではジュビロ磐田セレッソ大阪が対戦。試合は1−1の引き分けに終わった。試合後、磐田の名波浩監督が試合を総括した。
 「立ち上がりからゴールに向かっていく姿勢」を見せて「相手を下げさせることを十分にやれた」と語り、「狙い通りのゲーム展開ができた」と話す名波監督。37分、C大阪FW杉本健勇にゴールを決められるが、今季リーグ戦でC大阪が無得点に終わった試合はわずか2回ということを踏まえ、「1点ぐらい取られるだろう」と考えていたと話す。さらに試合前、選手たちに「1点ぐらい何でもない。1点ぐらい忘れて。もし、そうなったとしても、あきらめず、さぼらず、切らさずやっていこう」と伝えていたと明かした。
 磐田は86分、CKから同点とする。MF中村俊輔ショートコーナーを受けたMF川辺駿がボールをはたき、中村俊がクロス。これにFW川又堅碁が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。「簡単に考えられがちですけど」と、セットプレーの重要性を説く名波監督は、キッカーの中村俊と受け手の相互理解を「ゴールシーンが増えている要因」として挙げる。ただし「相手がファウルやクリアをしなければ、セットプレーもCKをもらえない」と、中村俊や川又だけでなく、チーム全員で決めたゴールだったと強調した。
 その一方で、14日の練習試合でMF松本昌也が負傷。C大阪戦でも、前半途中でMF宮崎智彦が腰を痛めてハーフタイムに交代。さらに、途中出場のMF荒木大吾が足を痛め、負傷退場を余儀なくされた。そうしたことを踏まえ、名波監督は「ちょっと、やりくりが難しくなる」と懸念した。

磐田・名波監督、「1点ぐらい何でもない」と選手たちを鼓舞 - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)