都心で21センチ

交通混乱、鉄道では遅延や入場制限 都心で積雪21cm
山本孝興
2018年1月22日20時22分




 日本の南を発達しながら通過する低気圧の影響で、22日は東京都心を含む関東の平野部でも雪が積もった。気象庁は東京23区など各地に大雪警報を発表。23区に大雪警報が出たのは約4年ぶり。
交通情報
レインボーブリッジ封鎖 スリップ事故で50台立ち往生
東北道、浦和料金所のETCがダウン 渋滞10キロ
 この日はJRや私鉄で遅延や入場制限があり、高速道路も一部で通行止めとなった。同庁によると、関東や東北では23日の明け方にかけて大雪になる見込み。積雪や路面の凍結で朝の通勤時間帯に影響が出る可能性があり、注意を呼びかけている。
 22日は朝から各地で雪が強まり、午後9時時点で、東京都心で21センチ、前橋市29センチ、横浜、水戸の両市で18センチ、千葉市で8センチの積雪を観測。前橋市横浜市では平年比で10〜20倍ほどの積雪となった。
 関東地方は23日、晴れて雪はやむ見込みだが、積雪や凍結など雪の影響は残るため、同庁は、歩道での転倒や道路でのスリップ事故などに注意するよう促している。22日午後6時から23日午後6時までの24時間に降る雪の量は多い所で、北陸50センチ、北海道、東北、甲信、東海40センチ、関東北部30センチ、関東南部と近畿20センチ、東京都心で10センチの予想。
 23日以降は低気圧が急速に発達するため、冬型の気圧配置が強まって北日本日本海側や北陸を中心に荒れた天気になる見通し。西日本や東日本でも路面の凍結や積雪に注意が必要になる。強い冬型の気圧配置は27日ごろまで続くとみられ、同庁は日本海側を中心に大雪や暴風、高波にも警戒するよう呼びかけている。(山本孝興)

https://www.asahi.com/articles/ASL1Q64NML1QUTIL07Q.html?iref=comtop_8_02



 そして、また北陸も大雪なのか?


 
 先輩に言われたことがあるのは

東京が雪なら、こちらはたいしたことない。

1月23日(火)今朝の金沢市

路面に雪はありません。