オタマジャクシとヤゴ

 今日は6時過ぎまで友だちと

田んぼに網を持って

なにか捕まえてやろうと頑張ったんだって

普段だと6時前には夕食が始まるんだけど

なにせ、田んぼの周りや用水路には子どもたちが

寝転がって、手を伸ばし、網をギリギリまで

そうやって捕まえてる…。




 まなみさんたちグループは

足元から届く範囲では珍しい「ヤゴ」を捕獲

かなり盛り上がったから6時になっても帰ってこなかったんだろうね

 その獲物はバケツ稲に放流

虫タイプがバケツの中に素直にとどまるか?どうか?

まぁ、それは良しとして

ひとり晩酌をしながら

そんな話しだったから




 「ヤゴってオタマジャクシは食べちゃうよ」:パパ

「じゃ、また(゜゜)〜捕まえなきゃ」:まなみさん

(意外に冷静な反応)

「(゜゜)〜って手足が出てるんだよね?」:パパ

(ホント!アマガエルの色彩で(゜゜)〜)

「うん?(ヤゴに)食べられちゃうの?」:まなみさん




(ママとの会話)




「小さなヤゴでしょ?」

「そんな、糸ミミズくらいかな?食べれるの?」

「カエルになりかけの(゜゜)〜ってヤゴを食べるんじゃないかな?」





 まなみさんの有意差順位は

カエルなりかけ(゜゜)〜 > ヤゴ > オタマジャクシ

そんな話をした頃はすでに薄暗くなっているわけで

それでも、

「ヤゴは青のバケツに入れたから」:まなみさん

「(゜゜)〜を白のバケツに避難」:まなみさん

緑色アマガエルに直前のしっぽ付きモデルが5匹?

「え?こんなにいた?」:パパ

「だって、田んぼで(しっぽ付きを)捕まえたか増えたんだよ」:まなみさん

バケツの中で大きくなった2匹はどうなった?




 自分も「しっぽ付きモデルアマガエル直前タイプ」って

初めて観察させていただきました。

明日の朝も健在ならば撮影して報告したいと思います。



(早朝、バケツ稲の中、カエル君たちはいませんでした。)