うみっこらんど七塚キャンプ

 先週の16日(土)17日(日)

やけに寒そうで、天気も雨マークがついたいり、曇りがち

キャンプ場への予約も直前15日

夜間の気温予想が14度ってこともあり

4畳半のホットカーペットを持ち込んで対応

(実際はマット代わりになっただけで必要ありませんでした)



 『うみっこらんど七塚キャンプ』での

今までのキャンプも思い返せば

天気に恵まれるものはなく

星空だって、深夜に見えただけで

まなみさんもさとしくんも知らない

白尾海岸での釣りも白波に向かって竿を振っていたのが

キャンプでのキス釣りでした。



 曇りがちの天気の中

「でも、雨は大丈夫そう」

「風も強くないから、釣りにはベスト」

そんな感じで11時半頃には現地

(チェックインの約束は12時)

(ちなみにチェックアウトは翌日11時)

お昼は食材といっしょに買ったお弁当

パパはお昼にビールを2本

(お昼のビールって久しぶり、やっぱり旨い)



 今年初めてのキャンプ

ターフやテントの設営は

「えーっと、どうだったっけ?」

ママがマニュアルを見ながら思い出すところから始まります。

まなみさん、さとしくんも

悪戯しながらもお手伝い

テントの設営の頃からだから午後1時半くらいかな?

すごい好天になって

(自分は日焼け止めしてなかったので、よく焼けました)

すでにホットカーペットは必要なしの予感





 さて、のんびりと設営し

キャンプ場から白尾海岸に向かったのが2時半過ぎ

まなみさんにはPEラインのリールを準備して

本格的に遠投ができるよう練習も始める予定…。




 午後3時の第1投から3匹のキス

これは絶好のチャンス、潮動いている。

ここから2時間で20匹以上の釣果になるわけです。

さとしくんの竿にまた大きなキス(20センチ以上)が一荷釣りで

かかってくるから

負けん気の強いまなみさんは練習どころじゃなくって

ふたりとも、ゆっくり巻き取りながら

「ピクピクいってる」

大きな引きごたえを覚えたようです。

ママはキャンプ場で夕食の準備、

きっと海に入って濡れちゃってるだろうと迎えに来てくれたけど

豊漁にびっくりです。







七輪でバーベキューが我が家流

そんなにたくさん食べれないからね

少し、大目にお酒して

腹八分目くらいがちょうどいい。

まなみさん、さとしくんは定番カレーライス

そして、まなみさんが本で見つけた

キャンプ じゃがバター料理なんかも実践出来ました。

 マシュマロをチョコレートといっしょに

炭火の遠火で焼いていたのが19:00くらい



 なにを余分にしたわけじゃなかったけれど

体力いっぱいに遊んで、面白かった。

あたりが暗くなると

いつもはベッド脇に置いてある非常用の懐中電灯

ひとり1個自由に使って良し!としました



 あたりが暗くなって

まなみさん、さとしくんと3人で星空を見ながらごろ寝

蚊も羽虫も一切いなかったので

のんびり夜空、満天の星も楽しむことができましたよ

片づけまで頑張ってくれたママは

一番最初にテントで熟睡でした。



                      (つづく)