明治安田J1 第6節 vs. 湘南ベルマーレ

f:id:gabo1322:20190407015731j:plain

f:id:gabo1322:20190407015800j:plain

 

名波 浩 監督
――試合の総括
ゲームの内容的には我々のゲームだったと評価しています。中盤のセカンドボールの予測と反応で勝てたこと、それから前に出て行く人間のタイミングが良かったので相手のボランチもしくは、ウイングバックが戻らざるを得ない状況を作れたこと。この辺りが押し込めた要因だったと思います。危険だったのは松田選手のスルーパスを武富選手が左足でシュートして右に外れたシーンくらいで、あとは最後のところで全員で身体を張ってやれたと思いますし、2点目が決まって勝ちを確信したのですが、時間の使い方もゲームの終わらせ方も非常に良かったと思います。

――湘南の強みである「走ること」に対してジュビロが負けていなかった、もしくは上回っていたと思います
今週の週明けから「走り勝とう」ということはおこがましくて言えなかったのですが、ただ「走り負けないように」ということは試合前までに5,6回は言ったと思います。走ると言う意味では、ただ素走りで、ただ全力で、ではなく質の良さが求められると思うので、その質が非常に良かったかなと。特に山田、大久保あたりの帰陣のスピードもそうですし、最後のシーンに象徴されるように、奪った後出ていった決断をした人間のスピードもそうでしょうし、そういう連続性があったからこそ、そういう風に見ていただけたんじゃないかと思います。

――リーグ戦6試合目でやっと初勝利、この勝利はジュビロにとってどんな勝利ですか?
開幕戦からなかなか勝てなくて、それから点も取れなくて、非常に苦しい時間を我々スタッフ、選手、それからクラブとしても、それからサポーターも過ごしてしまったので申し訳ない気持ちでしたけど、これをやり続けない限りは、昨年と同様の得点が取れずにただただ我慢できずに失点していくような試合が続いてしまうと。それだけは避けたいと思っていました。守備の粘り強さは今シーズンに入ってからより際立っていると思いますが、攻撃のところでも1点目のシーンの最後の崩しのように後ろから出て行く人間がゴールに絡むということをトレーニングからやっていますし、それが結果に繋がると、自信が確信に繋がると思います。それから3ポイントというのが選手にとってもチームにとっても、もちろんサポーターにとっても自信になると思うので、これを続けていきたいなと。欲を言えばそれを次節のダービーに繋げようということをホワイトボードに2,3回書いていたので、ダービーも勝ってさらに波に乗りたいと思います。

――2点目も素晴らしいゴールだったと思います。前に出ていった選手も投げたキーパーも素晴らしかったと思いますが、どこを一番評価していますか?
決断の速さという意味では、いくら1対0で勝っていようがキャッチして余裕を持ったり、もしくは地べたに寝て時間を稼ぐような、それもプロとしては大切な時間の使い方だと思いますが、1点取ったゲームの終わらせ方という意味では、相手のゴールキーパーが出ていたのはみんな分かっていたと思うので、そのカウンターを荒木とゴールを決めたロドリゲスの2人が良い反応をしてくれて決まったと思います。ただ、カミック(カミンスキー)のスローは超一流の精度だと思うので、素晴らしいアシストだったと思います。

 

 

 

ロドリゲス 選手
――今日の試合を振り返って
縦に速かったり、シンプルに裏に抜け出すことだったり、非常に良かったかなと思います。勝つということは、みんなが良いプレーをしたということだと思います。

――リーグ戦初勝利でした
勝ったことについては非常に良いと思います。ただ、ここで満足してはいけませんし、最初で最後の勝ちにしてはいけません。次節はダービーということで勝てばさらに波に乗れるのではないかと思います。

――ジュビロ加入後公式戦での初ゴールですね
今日は初得点ではありましたけど、この先もたくさん点を決めていきたいですし、しっかり練習から結果を出して、そして試合に出て、チームのために得点を決めていければと思っています。

――ゴール後のパフォーマンスはどういう意味でしたか
今日のゴールセレブレーションは、ルクセンブルク代表でもゴールを決めたら行うセレブレーションです。自分はピッチに立つと少しずつクレイジーな部分が出てしまうのですが(笑)、そういうプレーが好きですし、あのパフォーマンスはそういうことの表れです。

――途中出場でしたが、名波監督からの指示は?
頑張って、しっかりハードワークするように、そしてゴールを決めるようにと。監督から受けた指示通りにプレーしました。

――難しいゴールだったのでは?
自分だけではなくて他の選手もゴールを決めたい気持ちが出ていたのでゴールを奪えたと思いますし、自分たちが前に行く意欲がなければ生まれなかったゴールだったと思います。みんなが、自分が入るまで非常にハードワークをしてくれたおかげでああいったシチュエーションになったのかなと。監督から呼ばれた時は、すごくやる気に満ちてピッチに入りましたし、背中を押されました。ただ、ゴールに関しては最初で最後ではないと願っています。

――ゴール後はジュビロサポーターの元へと走っていきました
長い間勝てていなかったので、自分にとっては難しいゴールを決めたことが非常に嬉しかったですし、何より勝てない期間もずっとサポーターが我々の背中を押してくれていましたし、声援を送ってくれました。だからこそゴール後は彼らの懐に飛び込んでやろうと思って走りました。サポーターの皆さんにこの勝利を捧げたいですし、もちろん監督も苦しい想いをしていたと思うので、彼のためにも捧げたいなと思います。

――次節の静岡ダービーに向けて
鹿児島キャンプとルヴァンカップで清水とは今年2回対戦していますが、ダービーは試合をするためではなく、勝つためにあるものだと思っています。しっかり準備をして勝ちにいきたいと思います。

 

 

 

カミンスキー 選手
――リーグ戦初勝利です
もちろん今年、リーグ戦では1勝も出来ていなかったので、待ちに待ったというかみんな嬉しい限りです。ここからまた次の試合に向けて準備をしていくわけですが、今日1勝したからと言って前の5試合で勝てなかったことを忘れてはいけません。しっかりと反省材料にして、チームを前進させていかなくてはいけません。今日の勝利をきっかけにここから連勝していきたいと思います。

――2点目に繋がったロングスローについて
ロドリゲス選手からはキックでもスローでも良いのでとにかくカウンターを決めたいので、自分にボールをと言われていました。そうした中で、何度か彼をめがけてキックしたのですが、なかなか上手く収まりませんでした。最後の場面は自分がスローに変えて、ロドの前には(荒木)大吾もいたのですが、その前に上手くボールが行ってくれて2点目に繋がったなと。でも、2点目というのはある意味自分たちのボーナスだと思っています。今日はとにかく勝つことが大事だったので。ですが、あの2点目はそれでもやっぱり嬉しいなと思います。

――2点目を取りにいったシーンはGKとして時間を稼ぐことも出来たと思いますが、それでもゴールを目指した理由は?
もちろんあそこで自分がボールをキープすることも出来たのですが、相手のGKが上がっていてペナルティエリアの中にいたので、ゴールが空いていることは分かっていました。キャッチして自分の逆サイドを見たらロドと大吾が上がっていて。そこで攻撃に転じようと思ったのですが、リスクを冒してしまって自分が投げたボールが相手に奪われてしまったら全員が上がっていたのでそこでまた危ない場面を作られてしまいます。だからあの場面はスペースに投げようと思いました。そうすれば危険は無いだろうと。上手くいけば2点目が入って、今日のゲームを終わらせられると、そういう判断でした。

 

 

www.jubilo-iwata.co.jp

 

 

f:id:gabo1322:20190407020444j:plain

 

 

 

磐田カミンスキー神の手発動、J初手でGKアシスト
[2019年4月6日21時24分]

 

f:id:gabo1322:20190407090944j:plain


湘南対磐田 後半、前線へロングスローする磐田GKカミンスキー。右は湘南GK秋元(撮影・山崎安昭)

 

明治安田生命J1:湘南0-2磐田>◇第6節◇6日◇BMW
ジュビロ磐田がアウェーで湘南ベルマーレを2-0で下し、待望の今季初勝利を挙げた。0-0の後半27分、オウンゴールで先制。同ロスタイムには、FWロドリゲス(23)が来日初ゴールを決めて試合を締めた。次節、清水との静岡ダービーを前に大きな勝ち点3をつかんだ。
   ◇   ◇   ◇
待ちに待った光景が広がった。アウェー側スタンドに陣取った約1600人の磐田サポーターによる勝利の大合唱が、BMWスタジアムに響いた。開幕6戦目でつかんだ今季初勝利。名波浩監督(46)も「この勝ち点3はチームにとっても、選手にとっても自信になる」とうなずいた。
0-0の後半27分。右サイドでFW大久保嘉人(36)のパスを受けたMF松本昌也(24)が、ゴール右から送ったクロスが、オウンゴールを誘った。貴重な先制点に続き、同ロスタイムには鮮やかな速攻が決まる。GKも上がり、同点弾を狙った相手FKをキャッチしたGKカミンスキー(28)のロングスローから、FWロドリゲスが無人のゴールに流し込んだ。
ルクセンブルク代表助っ人の来日初得点で勝負あり。リーグ戦では、過去13戦でわずか2勝の鬼門を破った。ロドリゲスは「全員が良いプレーをした結果」と、一丸を強調した。
5戦未勝利となった先月30日の鹿島戦後、MF山田大記(30)やDF新里亮(28)らで食事会を行った。3時間以上に及んだ「サッカー談議」を翌31日に、主力メンバーを中心に青空ミーティングで共有した。山田は「少ない(人数の)方が若手も発言しやすい。ピッチの中で『どうするのか』。プレーする選手の中で共通していないといけない」。苦しい状況の中で取った行動が、チーム好転への1歩につながった。
今季初の複数得点を挙げ、守備陣は4戦ぶり無失点。次節の静岡ダービーを前に大きな勝ち点3を得た。「ダービーにも勝ってさらに波に乗りたい」と指揮官。清水を退け、今季初の連勝を飾る。【前田和哉
▼GKのアシスト 磐田GKカミンスキーがロングスローで記録。J1リーグ戦では神戸のキム・スンギュが17年10月14日の浦和戦でマークして以来。Jリーグが現行の試合方式(延長戦廃止)となった03年以降では通算17度目。過去16度はいずれもロングキックからで、今回のカミンスキーのように手でアシストを記録したのは初。

 

 

 

 

www.nikkansports.com