明治安田J1 第16節 vs. セレッソ大阪

明治安田J1 第16節 vs. セレッソ大阪

 

f:id:gabo1322:20190623070630j:plain

f:id:gabo1322:20190623070653j:plain

 

 

名波 浩 監督
――試合の総括
立ち上がりから相手がだいぶ前がかりに来たので、セットプレーも含め危険な時間帯が続いていく中で失点してしまったと。我々は先制しているゲームが、今日のゲームも含めたら16試合のうち4試合しかないので、そこで少し頭が下がりがちになったのですが、その後は粘り強くやろうとしていたと思いますし、選手間でよくコミュニケーションもとって、前半何とか、チャンスも1、2度ありましたけど、1失点で抑えることが出来たと。後半の立ち上がり、しかも警戒していたロングスローからの失点という意味では、心が折れた選手が何人かいて、そこから行こう行こうという選手と、イライラが募っていた選手との差が出てしまったなというように思います。
相手との差で言うと、ミドルサードからアタッキングサードへ入る所での縦パスや、ため作り、くさびでのポイント作り、そういったもののクオリティの高いセレッソ、それからボックス近くでの冷静さを持っているセレッソのアタッカー陣。我々はちょっとスピードを上げた中で、味方の連動や、やり直し、もちろんボールの距離を変えてワイドからというのもイメージとしてあったのですが、やっていく中ではそうしたシーンがあまりなかったなと。シュート数こそ多かったと思いますが、もう少しドリブルで運べたのではないかとか、もう少しアイデアを持って二人称、三人称で工夫出来たのではないかとかいう中では、そこが物足りなかったというふうに思っています。
次節は昨シーズンのチャンピオンの川崎なので難しい相手ですが、前がかりなイメージを持ちながら、またセカンドボールを拾うという意味では、今日は空中戦で勝てなかったシーンが非常に多かったので、そこで相手に十分な余裕を持たれてしまったという意味では、川崎もそこを拾って十分時間を作れる選手、際どいところに顔を出せる選手がいるので、そこを警戒しながら、セカンドボールを拾って、前向きなゴールに向かうサッカーが見せられたらと思います。

www.jubilo-iwata.co.jp

 

 

www.nikkansports.com

 

www.sanspo.com

 

 

f:id:gabo1322:20190623213655j:plain