天皇杯2回戦 vs. ホンダロックSC

天皇杯2回戦 vs. ホンダロックSC

f:id:gabo1322:20190704012417j:plain

f:id:gabo1322:20190704012437j:plain

 

 

鈴木 秀人 監督
――試合の総括
大事な初戦、相手のカテゴリーはどうあれ良い形で勝って、良い流れを作って勢いに乗りたいと。チームが心機一転、前に進むために、この勝利は非常に大きかったと思います。

――初陣でしたが選手に伝えたことは
(昨日の)会見でも言いましたが、チームのために戦いましょうという話、後はチャレンジャー精神です。リーグ戦では最下位ですし、今日のホンダロックさんは、カテゴリーこそ違いますが、チャレンジャー精神を持って戦わなくてはいけないというところはしっかりと伝えました。

――大久保選手の起用について
点を取るために2トップのところで少し試したかったことが(大久保)嘉人とゴン(中山)を起用した理由の一つで、その中で顔出しや起点となる動き出しはあったのですが、ゴールに向かう数はもっともっと欲しいなというのが正直な気持ちです。

――この勝利をリーグ戦にどう繋げていきたいか
先ほども言ったように心機一転、チームが変わった中で、こういう難しいゲームで負けるのと勝つのでは凄い違いなので、そういった中で、また得点力不足と言われている中で、ゴールを色々な形で取れましたし、そうした意味で良い流れになるのではと思っていますし、この勝利を次の鹿島戦に繋げてしっかり勝って、この試合が良い流れを作ってくれたのだなと言えるように、次の試合も頑張っていきたいと思います。

――今日の試合から鹿島戦に継続していきたいところは
セットプレーでしょうか。なかなかセットプレーで点を取れなかった中で2点取れたので、そういう部分です。

 

 

太田 吉彰 選手
――先制点の場面は素晴らしいクロスからのアシストでした
持ち味があそこなので、しっかり結果が出て良かったです。天皇杯の2回戦は毎回少し苦戦してしまいますが、それでも一つずつ上に上がっていくことが大切ですし、今は勝つことが大事です。それはリーグ戦も同じなので、どれだけ攻められようが相手よりも1点多く決めて勝つことが非常に重要になってくるので、泥臭くてもどんどんチームのために走っていけるようにやっていきたいと思います。その中でやっぱり結果が出ることが一番今の自分には大事だったと思うので、ここからチャンスもあると思いますし、しっかり準備していきたいと思います。

――1点目の場面は中が見えていた?
そうですね。今週の練習ではずっと左をやっていましたし、クロスの練習もしていました。イメージ通り右も左もさほど変わらずスムーズに蹴れていますし、自信を持ってしっかりやった結果だと思います。あれでだいぶ落ち着きましたし、コーナーキックもずっと練習していたので、良いボールが行っていますし、これで自信を持ってさらに蹴れると思うので、とにかく自信を持ってやりたいと思います。

――監督が代わって初戦。どのような準備をしてきましたか?
まずはチームがやるべきことをしっかりやること、チームのためにもう一度やること、相手よりも多く点を取らなければいけないので、戦術もそうですけど、まずはやらなければいけないことをしっかりみんなで話し合って、そこをしっかりやっていければ良いと思いますし、泥臭くても勝つこと、身体を張ってどれだけ相手より走るか、どんな戦い方でも良いと思うので、とにかく勝てるように全力でやっていきたいと思います。

――失点後もチームは前を向いていました
下を向くことなく、しっかりやれたと思います。リーグでも点を取られることはあると思いますが、ああやって下を向かずに前に前に怖がらずにやっていかなくてはいけないなと。もう一度自信を持って、残りの試合を戦っていきたいと思います。

 

www.jubilo-iwata.co.jp

 

 

 

 

f:id:gabo1322:20190704012831j:plain

f:id:gabo1322:20190704012858j:plain

f:id:gabo1322:20190704012936j:plain

 

 

www.nikkansports.com

www.sanspo.com

www.sanspo.com

web.gekisaka.jp