台風19号 記事全般(2019年10月12日)

台風19号 非常に強い勢力で関東・東海に上陸へ

2019/10/12 07:40

 台風19号 非常に強い勢力で関東・東海に上陸へ


大型の台風19号は、非常に強い勢力で、12日(土)夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込みです。不要不急の外出は危険です。
●大型で非常に強い台風19号 勢力を保ったまま東海や関東へ
12日(土)午前6時現在、大型で大型で非常に強い台風19号は、日本の南を北上しています。風速25メートルの暴風域を伴っており、12日(土)夕方から夜にかけて、非常に強い勢力を保ったまま東海地方または関東地方に上陸する見込みです。その後、13日(日)にかけて温帯低気圧の性質を帯びつつ、速度を速めながら北東へ進むでしょう。
東海や関東を中心に既に台風外側の発達した雨雲がかかっています。12日は台風本体の雨雲がかかる前から風や雨が強まるでしょう。13日(日)は、東海や関東の雨は明け方までには止みますが、風が強い状態が日中いっぱい続く見込みです。北陸や東北、北海道の太平洋側を中心に大荒れになる恐れがあります。
●記録的な暴風・高潮の恐れ
午前6時前に静岡県石廊崎で最大瞬間風速32.7メートル、午前4時過ぎに伊豆諸島の神津島で30.9メートルを観測しました
13日にかけて予想される最大瞬間風速は、東海地方、関東甲信地方60メートルと、家が倒壊するものもあるくらいの風です。先月9日、千葉では台風15号の影響で最大瞬間風速57.5メートルを観測しましたが、東京都心や静岡市で50メートル以上の風を観測したことは観測史上ありません。記録的な暴風になる恐れがあります。そのほか東北地方50メートル、近畿地方45メートル、北海道地方、北陸地方40メートルと、走行中の地ラックが横転するくらいの風です。中国地方、四国地方、九州北部地方35メートルと、固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒するくらいの風です。不要不急の外出は避けて下さい。
13日にかけて予想される波の高さは、東海地方、関東地方、伊豆諸島13メートル、東北地方11メートル、近畿地方四国地方10メートル、北海道地方、北陸地方7メートル、小笠原諸島、中国地方、九州北部地方、沖縄地方6メートルです。うねりを伴った高波に厳重に警戒して下さい。
台風の接近に伴って、13日(日)明け方にかけて、四国から東北の広い範囲で潮位が高くなる見込みです。特に、東海地方では、過去最高潮位を50センチ上回る所もあり、記録的な高潮となるでしょう。沿岸施設では重大な災害の恐れがありますので、厳重に警戒して下さい。
●大雨特別警報を発表する可能性も
台風周辺の発達した雨雲がかかり、午前5時5分までの1時間に静岡県伊豆市市山55.0ミリの非常に激しい雨を観測しました。13日にかけて四国から東北ではカミナリを伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降る見込みです。東海や関東を中心に記録的な大雨になる恐れがあり、大雨の状況によっては大雨特別警報が発表される可能性があります。13日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東海地方800ミリ関東甲信地方、北陸地方500ミリです。東北地方、伊豆諸島400ミリ、近畿地方300ミリ、中国地方、四国地方200ミリ、北海道地方100ミリです。東京都心で24時間降水量の観測史上1位は392.5ミリで、昭和33年の狩野川台風の時です。関東の平野部でも記録的な大雨になる可能性はあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。また、発達した雨雲の下では竜巻などの激しい突風の恐れがありますので、ご注意下さい。

 

 

台風19号 非常に強い勢力で関東・東海に上陸へ(日直予報士 2019年10月12日) - 日本気象協会 tenki.jp

 

 

静岡県で滝のような雨 箱根も激しい雨を観測

2019/10/12 07:26

静岡県で滝のような雨 箱根も激しい雨を観測


静岡県や神奈川県では午前6時までの24時間に降った雨量が早くも200ミリや300ミリを超えている所も。台風本体の雨雲がかかるのはもう少し先。雨はまだ降り続きます。静岡県や伊豆諸島では最大瞬間風速30メートルを超えている所も。
台風19号は、きょう12(土)午前6時現在、八丈島の南西約320キロ付近を北へ進んでいます。時速は20キロ。比較的ゆっくりとした速度です。中心の外側に広がる発達した雨雲は静岡県や神奈川県などにかかり、所々で激しい雨を観測しています。午前5時過ぎに、静岡県伊豆市湯ヶ島では1時間に55ミリの非常に激しい雨を観測し、静岡県伊豆市天城山では1時間に48.5ミリの激しい雨を観測しました。また、午前6時半過ぎには、神奈川県箱根町でも1時間に48.5ミリの激しい雨を観測しています。なお、これらの3地点では、午前6時時までの24時間降水量が早くも200ミリを超えて、静岡県伊豆市湯ヶ島では300ミリを超えている状況です。そのほか、埼玉県の秩父地方や東京の多摩地方、伊豆諸島などでも所々で1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測しています。台風本体の雨雲が東海や関東にかかるのはもう少し先です。つまり、雨はまだまだ降り続くため、総雨量はかなり多くなる恐れがあります。土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重に警戒してください。
また、静岡県南伊豆町石廊崎では午前5時59分に最大瞬間風速32.7メートルを観測しています。台風の北上に伴い、午後には関東も広い範囲で風が強まるでしょう。

 

静岡県で滝のような雨 箱根も激しい雨を観測(日直予報士 2019年10月12日) - 日本気象協会 tenki.jp

 

f:id:gabo1322:20191012120138j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012120212j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012120240j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012120308j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012120759j:plain

 

 

台風19号】狩野川で氾濫注意水位 静岡・駿河区は冠水
(2019/10/12 11:15)

f:id:gabo1322:20191012121240j:plain



台風19号の接近にともなう雨で増水した狩野川=12日午前11時ごろ、沼津市

f:id:gabo1322:20191012121256j:plain



大潮と雨の影響で冠水した道路=12日午前9時35分ごろ、静岡市駿河区西島
 大型で非常に強い台風19号は12日午前、伊豆諸島近海を北上し、静岡県に接近した。夕方から夜に東海や関東に上陸する見通し。静岡県内各地でも朝から強い雨が降り、菊川市で避難指示、東部伊豆地域などで避難勧告、県内ほぼ全域に避難準備・高齢者等避難開始が発令された。住宅街での冠水や河川の水位上昇なども確認されている。
 >台風の進路予報図(随時更新)
 静岡市駿河区の大浜海岸に近い西島地区では午前9時半ごろ、一部で道路などの冠水被害が発生。同市消防局によると、住民からの通報が複数寄せられている。避難のため高齢女性1人を救助したが、けがはないもよう。付近では一時、腰あたりまで水位が上昇した場所もあり、付近に住む男性は「夕方にまた満潮になるので心配」と話した。
 国土交通省によると、午前9時50分ごろ、狩野川の徳倉水位観測所(清水町)で「氾濫注意水位」に到達した。今後水位はさらに上昇する見込み。
 国交省沼津河川国道事務所は午前5時40分から、狩野川の水位上昇が予想されるため狩野川放水路を開放して放流を始めている。同事務所の担当者は「不要な外出を控え早めの避難を」と呼び掛けている。
 県危機管理部によると、午前9時現在で倒木などは確認されていないが、各地で停電が起き始めている。

 

www.at-s.com

 

f:id:gabo1322:20191012132601j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012132647j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012132712j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012132745j:plain

 

 

台風19号、今夕にも上陸 1人死亡、暴風大雨厳戒
(2019/10/12 13:00)

 


台風19号の予想進路(12日9時現在)
 大型で非常に強い台風19号は12日、伊豆諸島近海を北上し日本列島に接近した。夕方から夜にかけて静岡県か関東に上陸する見通しで、東日本を中心に広範囲で猛烈な風が吹き、記録的な暴風や大雨の恐れがある。千葉県市原市では車が横転して1人が死亡、他に5人が負傷した。竜巻のような突風が原因とみられる。徳島県でも1人がけがをした。
 交通機関は、東海道新幹線の東京―名古屋間が始発から終日運休。首都圏のJR在来線も日中に順次運転を取りやめ、13日昼ごろまで見合わせが続く見通し。羽田空港の国内線もほぼ欠航。
 台風接近でラグビーW杯は12日の2試合が中止になった

 

www.at-s.com

 

f:id:gabo1322:20191012141640j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012141707j:plain

 

【台風19号】静岡県気象・防災・交通・催事中止情報 まとめ
(2019/10/12 13:58)


台風19号進路予報図
 静岡県内は台風19号の暴風域に入った。12日夕方から夜の始め頃にかけて静岡県にかなり接近、または上陸する見込み。静岡県内で予想される雨や風、主な交通やイベントなどへの影響は次の通り。
 >台風の進路予報図(随時更新)

■土砂災害警戒情報(12日午後1時49分発表)
静岡市南部、静岡市北部、沼津市熱海市富士宮市伊東市富士市御殿場市裾野市伊豆市伊豆の国市東伊豆町河津町西伊豆町西伊豆町函南町小山町

■発表中の気象警報(12日午前11時41分発表)
 ▼大雨 静岡県内全域
 ▼洪水 静岡市南部、島田市藤枝市静岡市北部、伊豆市伊豆の国市函南町沼津市三島市御殿場市裾野市、清水町、小山町富士市磐田市掛川市菊川市
 ▼暴風 静岡県内全域
 ▼高潮 静岡県内沿岸部全域
 ▼波浪 静岡県内沿岸部全域

静岡県気象情報
 記録的な暴風や高潮、大雨となる恐れがある。静岡地方気象台は暴風、高波、高潮、土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けている(12日午前11時47分、静岡地方気象台発表)。
 ▼雨の実況
 1時間に50ミリを超える非常に激しい雨の降っているところがある。降り始め(11日午後8時)から12日午前11時までの総降水量(アメダス速報値)は、いずれも多いところで、
 伊豆市湯ケ島 471・5ミリ
 伊豆市天城山 394・0ミリ
 御殿場    276・5ミリ
 ▼雨の予想
 ・12日に予想される1時間降水量
 中部 80ミリ
 西部 80ミリ
 東部 100ミリ
 伊豆 100ミリ
 ・13日正午までの24時間に予想される降水量
 中部 400ミリ
 西部 400ミリ
 東部 600ミリ
 伊豆 600ミリ
 降り始めからの総降水量は、伊豆を中心に1000ミリを超えるところがある見込み
 ▼風の予想
 海上を中心に非常に強い風が吹いている。12日昼過ぎから夜遅くにかけて猛烈な風が吹き記録的な暴風となる所がある見込み。
 ・12日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
 中部 陸上30メートル(45メートル)、海上40メートル(60メートル)
 西部 陸上30メートル(45メートル)、海上40メートル(60メートル)
 東部 陸上20メートル(35メートル)、海上25メートル(35メートル)
 伊豆 陸上30メートル(45メートル)、海上45メートル(65メートル)
 ※暴風に伴う塩害にも要警戒
 ▼波の予想
 12日夜遅くまで猛烈なしけが続き、13日明け方まで大しけの状態が続く見込み。
 ・12日に予想される波の高さ
 中部南 13メートル
 遠州南 13メートル
 東部  10メートル
 伊豆北 13メートル
 伊豆南 13メートル
 ▼高潮の予想
 伊豆を中心に過去最高潮位を大幅に上回るところがあり、記録的な高潮になる恐れがある。
 ・12日から13日にかけて予想される最高潮位 2・4メートル
■交通情報
 ▼JR東海 東海道新幹線(12日)
 東京―新大阪 終日運転見合わせ
 ※13日は安全確認が取れ次第、運転を開始する予定。
 ▼JR東海 東海道線(12日)
 熱海―豊橋 終日運転見合わせ
 ▼JR東海 御殿場線(12日)
 国府津―沼津 終日運転見合わせ
 ▼JR東海 身延線(12日)
 富士―甲府 終日運転を見合わせ
 ※JR東海東海道、御殿場、身延線の13日の運行は、安全確認後に開始するため、始発から午前中は運転見合わせの予定。
 ▼JR東日本 東海道線
 12日午前10時ごろまでに全ての列車を取りやめる予定。
 13日は昼ごろまで運転を取りやめる予定。
 ▼JR東日本伊東線
 12日午前9時ごろまでに全ての列車を取りやめる予定。
 13日は昼ごろまで運転を取りやめる予定。
 ▼伊豆急行線
 12日 午前8時ごろから全線で順次運転取りやめ。
 ▼伊豆箱根鉄道駿豆線
 12日 始発から終日運休。
 ▼岳南鉄道
 12日 始発から終日運休。12日の夜景電車「名月号」運行中止。
 ▼静岡鉄道
 12日 午前9時より列車本数を減少させて、15分間隔で運行。新静岡駅発、新清水駅発の最終列車は午前11時45分。以降、終日運転見合わせ
 ▼大井川鉄道
 12日 大井川本線井川線の全線で始発から終日運休。
 寸又峡線バス、閑蔵線バス・富士山静岡空港アクセスバスも終日運休
 13日 線路などの状況により、運転を見合わせる可能性。
 ▼天竜浜名湖鉄道
 12日 始発から終日運休。
 12日 の「転車台&鉄道歴史館見学ツアー」「洗って!回って!列車でGO!」中止。
 ▼遠州鉄道
 12日は始発から終日運休。
 ▼東海バス
 12日 路線バス・高速バスの運行は全便、始発から終日運休。
 13日 路線バスは安全確保の確認が取れ次第、運行再開。
 ▼伊豆箱根バス
 12日 静岡県内の全路線は終日運休。
 ▼富士急バス
 12日は高速バス、路線バスともに終日運休。
 ▼静鉄バス
 12日、一般路線バスは全路線で始発から運転見合わせ
 13日、一般路線バスは安全確認が取れ次第、運行開始する予定
 ▼遠鉄バス
 12日は全路線で始発から運休。
 ▼東名高速
 12日、厚木インターチェンジ―清水ジャンクション 上下で通行止め
 ▼新東名高速
 12日、御殿場ジャンクション―長泉沼津インターチェンジ 上下で通行止め
 12日、新静岡インターチェンジ―島田金谷インターチェンジ 上下で通行止め
 ▼中部横断道
 12日、清水ジャンクション―富沢インターチェンジ 上下で通行止め
 ▼国道1号
 富士市宮島東ー静岡市清水区興津清見寺IC 通行止め
 ▼静岡空港発着便(12日)
 中国聯合航空、煙台と結ぶ1日1往復の便を欠航。
 中国東方航空、上海と結ぶ1日1往復の便を欠航。
 全日空(ANA)、フジドリームエアラインズ(FDA)全便欠航。
 ▼駿河湾フェリー
 13日まで全便欠航
 ▼エスパルスドリームフェリー
 遊覧船「富士山清水みなとクルーズ」、水上バス「三保羽衣ライン」13日まで全便欠航
 ▼富士急マリンリゾート
 初島航路、12日全便欠航。13日は当日の海況などにより判断

■イベント情報
 ▼J3リーグ第26節
 12日 アスルクラロ沼津―FC東京U―23(愛鷹)中止。代替日未定。
 12日 藤枝MYFC―カマタマーレ讃岐(藤枝サ)13日午後1時開始に変更。
 ▼日本フットボールリーグ(JFL)第23節
 12日 ホンダFC―東京武蔵野シティFC 13日午後1時開始に変更。
 ▼スタンレーレディスゴルフトーナメント 東名カントリークラブ(裾野市
 12日 競技中止
 13日 安全面などを考慮しギャラリーの入場を認めない。
 ▼B1リーグ
 12日 三遠―名古屋、14日午後2時5分に変更。
 ▼Wリーグ(バスケットボール女子日本リーグ
 12~13日のシャンソン化粧品―アイシンAWは両日とも中止。
 ▼島田大祭・帯まつり(島田市
 12日は中止。13日は当日判断で一部スケジュール変更の可能性。
 ▼朝霧ジャム(富士宮市)12~13日
 開催中止
 ▼清水港開港120周年記念 第36回羽衣まつり 12日
 開催中止 
 ▼草薙総合運動場 草薙まつり 12~13日
 開催中止
 ▼登呂まつり(静岡市駿河区)12~13日
 開催中止
 ▼清水港マグロまつり(静岡市清水区)13日
 開催中止
 ▼しずおか元気応援フェア/こどもみらいプロジェクト秋まつり/暮らし博(静岡市駿河区
 12日は開催中止。13日は天候回復など勘案した上で決定する。

■商業施設
 ▽松坂屋静岡店(静岡市葵区
 12日、全館臨時休業
 ▽静岡伊勢丹静岡市葵区
 12日、全館臨時休業
 ▽静岡マルイ(静岡市葵区
 12日、全館臨時休業
 ▽新静岡セノバ静岡市葵区
 12日、全館臨時休業
 ▽静岡東急スクエア静岡市葵区
 12日、全館臨時休業
 ▽静岡パルコ(静岡市葵区
 12日、全館臨時休業
 ▽静岡駅ビルパルシェ(静岡市葵区
 12日、全館臨時休業
 ▽マークイズ静岡(静岡市葵区
 12日、一部店舗を除き臨時休業
 ▽浜松駅ビルメイワン(浜松市中区
 12日、全館臨時休業
 ▽遠鉄百貨店(浜松市中区
 12日、全館臨時休業
 ▽サントムーン柿田川(清水町)
 12日、一部店舗を除き臨時休業
 ▽イトーヨーカドー静岡店、沼津店、三島店
 12日、全館臨時休業
 ▽ららぽーと沼津、磐田
 12日、全館臨時休業

 ※状況により変更になる場合があります。主催者サイトなどで最新情報をご確認ください。

www.at-s.com

 

f:id:gabo1322:20191012151411j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012151442j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012151531j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012151603j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012151633j:plain

 

台風19号 関東も暴風域 千葉県で瞬間風速25m超

日本気象協会 本社日直主任
2019年10月12日14:02

台風19号は少しスピードアップ。暴風域が関東にかかってきました。台風15号の影響が残る千葉県内でも、また最大瞬間風速25m/sを超えた所があります。


いよいよ 関東も暴風域に
台風19号は、進行速度を少しずつ上げてきています。12日9時には、1時間に20キロの速さで北へ進んでいましたが、14時には1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。台風の北上に伴って、暴風域が関東地方にかかってきました。

このため、台風15号の爪痕が残る千葉県内では、館山市で、12時22分に最大瞬間風速25.6m/sを観測。千葉市羽田空港などでも最大瞬間風速が20m/sを超えました。これは、風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るくらいで、屋根瓦がはがれるものがあるほどの風です。
「記録的な暴風」の恐れ
関東地方では、この後は雨だけでなく、風のピークを迎えるでしょう。13日の明け方まで暴風に警戒が必要です。特に、夜は最大瞬間風速60m/sと、記録的な暴風となる恐れがあります。これは、屋外での行動は極めて危険なレベルで、走行中のトラックが横転するほどの風です。暴風だけでなく、うねりを伴った高波にも、厳重に警戒して下さい。

 

 

tenki.jp

 

f:id:gabo1322:20191012162901j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012162934j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012163005j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012163034j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012163108j:plain

 

台風19号】御殿場で男性1人不明、修善寺川は氾濫危険水位
(2019/10/12 15:35)



 大型で非常に強い台風19号は12日、伊豆諸島近海を北上し、東日本に接近した。夕方から夜に静岡県か関東に上陸する見通し。静岡県内各地でも同日午前から強い雨が降り、御殿場市内で男性1人が川に流されて行方不明になったとみられる。菊川など7市町内で避難指示、東部伊豆地域などで避難勧告、県内ほぼ全域で避難準備・高齢者等避難開始が発令された。
 
 御殿場市中山で12日午後0時15分ごろ、「男性2人が川に流された」と119番があった。地元消防によると、このうち40代の男性1人が救助されたが、1人の行方は分かっていない。県危機管理部によると、11日午後11時10分ごろ、下田市で自宅の屋根瓦を修復していた男性(62)が滑って落下したと通報があった。男性は右足首を捻挫し、救急搬送されたという。
 静岡市駿河区の大浜海岸に近い西島地区では12日午前9時半ごろ、一部で道路などの冠水が発生。同市消防局によると、住民からの通報が複数寄せられ、避難のため高齢女性1人を救助したが、けがはないもよう。付近では一時、腰辺りまで水位が上昇した場所もあり、近隣男性は「夕方にまた満潮になるので心配」と話した。
 気象庁によると、伊豆市湯ケ島では降り始めから12日午後1時までの総雨量が565ミリに上り、修善寺川は避難勧告の発令目安となる「氾濫危険水位」を超過した。
 国土交通省によると、狩野川の徳倉水位観測所(清水町)では同日午前9時50分ごろ、「氾濫注意水位」に到達した。今後水位はさらに上昇する見込み。国交省沼津河川国道事務所は午前5時40分から、狩野川の水位上昇が予想されるため狩野川放水路を開放して放流を始めている。担当者は「不要な外出を控え早めの避難を」と呼び掛けている。
 中部電力東京電力によると、同日午後2時現在、県内の停電は函南町沼津市などの計約2300戸で起きている。

www.at-s.com

 

f:id:gabo1322:20191012165453j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012165516j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012171237j:plain

f:id:gabo1322:20191012165555j:plain

 

台風19号の北上に伴い次第に北日本も厳重警戒

日本気象協会 本社花見 康由紀
2019年10月12日16:12

大型で非常に強い台風19号は15時現在、東海沖を1時間に30キロの速さで北北東に進んでいます。静岡と関東甲信には、大雨特別警報が発表されました。台風はこのあと12日(土)夜にかけて、静岡県または関東地方に上陸する見込みです。

大型で非常に強い台風19号は、勢力を保ったまま12日(土)夜までに、静岡県または関東地方に上陸する見込みです。13日(日)は速度を速めながら関東から東北地方へ進み、夕方までには北海道の南東の海上温帯低気圧に変わるでしょう。

f:id:gabo1322:20191012165818j:plain



この後の雨と風の予想

静岡や関東甲信では、24時間の雨量が、10月1か月分で降る量よりも多く降った所があり、大雨特別警報が発表されました。台風の北上に伴い、大雨の場所も北に進むでしょう。13日(日)0時頃には東北の太平洋側が強雨域となる見込みです。風は九州から東北の広い範囲で暴風となるでしょう。北海道から関東の太平洋側では南より、日本海側と四国・九州南部では北よりの風が非常に強く吹く所がある見込みです。また、暴風に伴い、四国から東北の海上では、波の高さが10メートルを超え、猛烈にしけるでしょう。大雨に伴う災害や暴風、高波に厳重に警戒してください。

f:id:gabo1322:20191012170129j:plain

 


沿岸では高潮にも厳重警戒

また、台風の接近に伴い、13日(日)の明け方にかけて、西日本から北日本の広い範囲で潮位が高くなるでしょう。特に静岡県では、これまでの最高潮位を超える記録的な高潮となるおそれがあります。台風が上陸する静岡県や関東地方を中心に、沿岸部では厳重な警戒必要です。

tenki.jp

 

 

f:id:gabo1322:20191012183832j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012183855j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012183926j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012183954j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012184019j:plain

 

 本日、自宅から一歩も出ていません。

今、夕飯を終えて

「今日は一日、のんびりしちゃったね」:ママ

(戸外の強風に悲鳴らしき声が聞こえてましたが・・・)

雨は降っていますが

強風は(その音は)聞こえなくなりました。

 

 

 避難勧告を受けたエリアは広域になりました。

上の紫色のエリアです。

まだ、台風一過というわけではありません。

進路が幸いだったんでしょう。

 

 

 瀬戸川 入江橋の水位も

最高数値は4.53mまで確認

19時過ぎには雨がやみ

一気に水位が下がっていきました。

 上記にある紫のエリアに避難勧告が出て

どれだけの方が避難したのか?

・高草山ほかの山崩れ

・河川の氾濫

が理由です。

TVでは「命を守るための行動を」と呼びかけますが

TVの限界を感じました

細かいエリアごとの情報がネット上では多くあり

「なにが危険で避難をするのか?」

その詳細をわからず

決まり文句を連呼するだけの放送は無意味。

 

 

 金沢に行く予定だった3連休に

静岡県では未体験の大型台風到来で

・食料、飲料水を買い込んで

・戸外の植木等の避難

・台風接近から通過までの過ごし方

無事だから言えることですが

子どもたちには良い体験・実地訓練になったと思います。

 

 

f:id:gabo1322:20191013084504j:plain

f:id:gabo1322:20191013090542j:plain

f:id:gabo1322:20191013084621j:plain

f:id:gabo1322:20191013090619j:plain

f:id:gabo1322:20191013090651j:plain

 

 

〇入江橋の水位について

・平成26年10月5~6日 台風18号 最高水位 5.27m

過去の既往最高水位               5.87m

・令和元年10月12日 台風19号 最高水位   4.53m

 

 

http://file:///C:/Users/gabo1/Desktop/aoki/20191008台風19号/suigai_old.pdf

 

 

 

台風19号 12日午後6時の最新情報 警戒いつまで

日本気象協会 本社中川 裕美子
2019年10月12日18:47

大型で非常に強い台風19号は速度を速めながら北上しています。暴風や高波、高潮、大雨の見通しです。


東海・関東甲信が広く暴風域に
12日、大型で非常に強い台風19号は、午後6時には下田市の西約40キロを1時間に35kmの速さで北北東へ進んでいるとみられます。速度が少しずつ速くなってきました。暴風域が広く、東海地方や関東甲信地方のほぼ全域と、北陸地方の一部が暴風域に入っており、福島県もまもなく暴風域に入り始めます。
暴風が長く続く 海は猛烈なしけ 記録的な高潮も

f:id:gabo1322:20191012185720j:plain

台風の暴風域が広いため、長い時間、暴風が吹き荒れる恐れがあります。東海や関東甲信、伊豆諸島では瞬間的に60メートルと、電柱や街灯が倒れるほどの猛烈な風の吹く所があるでしょう。東海地方では夜9時頃にかけて、関東甲信や伊豆諸島ではあす明け方にかけて暴風に厳重に警戒してください。

f:id:gabo1322:20191012185758j:plain

 

また、東海から東北の太平洋側ではうねりを伴い猛烈なしけとなっています。うねりを伴った高波にも厳重な警戒が必要です。さらにあす13日明け方にかけて東海から北海道の広い範囲で潮位が高く、特に静岡県や神奈川県では記録的な高潮となって沿岸施設では重大な災害となる恐れがあります。

f:id:gabo1322:20191012185824j:plain



雨量はさらに増える

発達した雨雲は、台風の中心よりも北側に大きく広がっています。東海は夜9時頃にかけて発達した雨雲がかかるでしょう。関東甲信は夜遅くにかけて広い範囲で非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降る見込みです。すでに氾濫危険水位を超えている河川が多くあります。氾濫発生に備え、2階以上の高い場所に避難してください。土砂災害にも最大級の警戒をしてください。

 

tenki.jp

 

f:id:gabo1322:20191012195818j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012195846j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012195925j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012195955j:plain

 

f:id:gabo1322:20191012200024j:plain