安倍晋三さん14日、対応に関する記者会見

首相「現時点で『緊急事態』ではない」「必要であれば措置実行」

 

毎日新聞2020年3月14日 18時15分(最終更新 3月14日 19時48分)

 

 
 

記者会見で新型コロナウイルス感染症への対応や改正新型インフルエンザ等対策特別措置法について質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2020年3月14日午後6時50分、川田雅浩撮影

 

安倍晋三首相は14日、首相官邸で、新型コロナウイルス感染症への対応に関する記者会見を開いた。14日施行の改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、首相は「現時点で緊急事態を宣言する状況ではないと判断している。ただし時々刻々と事態は変化しており、国民の命と健康を守るため、必要であれば法律上の措置を実行する考えだ」と述べた。

 首相は緊急事態について「そうした(緊急)事態にならないように、国民に苦労や不便をかけながら、懸命に感染拡大防止策を講じている。あくまで万が一のための備えをするための法律だ」と強調。「私権を制限することになる緊急事態の判断は専門家の意見を聞きながら慎重な判断を行う」と述べた。

 また感染の現状については「感染者は増加傾向だが、急激なペースで増加する諸外国に比べて増加のスピードを抑えられている。人口1万人あたりの感染者は日本は0・06人にとどまり、韓国、中国、イタリア、イランなどよりも少ないレベルに抑えることができている」と述べた。

 改正特措法では、首相が、急速なまん延で国民生活に甚大な影響を及ぼす場合に「緊急事態宣言」を発令し、都道府県知事が外出自粛や休校措置を要請できるようになった。

 新型コロナウイルスに関する首相の記者会見は、2月29日に続いて2回目。【秋山信一】

mainichi.jp

 

早期の財政出動に意欲も具体策示さず「世界経済の落ち込み懸念」 首相会見

 
 
 
 
 
 
記者会見で新型コロナウイルス感染症への対応や改正新型インフルエンザ等対策特別措置法について質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2020年3月14日午後6時28分、川田雅浩撮影
 

 安倍晋三首相は14日、首相官邸で、新型コロナウイルス感染症への対応に関する記者会見を開いた。新型コロナウイルスの影響で世界的な株安や経済活動の縮小が続いていることを受け、「日本を含む世界中のマーケットが動揺しており、世界経済のさらなる落ち込みが懸念される。動向を注意深く見極めながら、機動的に必要かつ十分な経済・財政政策を間髪を入れずに講じる」と述べ、追加の財政出動に意欲を示した。だが、具体的政策や予算規模については「政府・与党で練り上げていく」と述べるにとどめた。

 首相は「感染拡大防止が最優先だが、その後には日本経済を確かな成長軌道へと戻し、これまでにない発想で思い切った措置を講じていく。具体的な方策について、地域経済の実情を十分踏まえながら、政府・与党の総力を挙げて練り上げていく。現場の声に耳を傾けることで『ワンチーム』で現在の苦境を乗り越えていきたい」と述べた。

 与野党からは、10兆円を超える大規模な財政出動を求める声が強まっている。米国など各国も金融緩和や大規模な財政出動を次々と明らかにしている。

 新型コロナに関する首相の記者会見は、全国の小中高校への臨時休校要請を受けて行った2月29日に続いて2回目。【秋山信一

 

mainichi.jp

 

東京オリンピック「良い大会にしたい」 聖火リレースタート「立ち会いたい」 首相会見

 

毎日新聞2020年3月14日 18時42分(最終更新 3月14日 19時43分)

 

 
 

記者会見で新型コロナウイルス感染症への対応や改正新型インフルエンザ等対策特別措置法について質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2020年3月14日午後6時50分、川田雅浩撮影

 

安倍晋三首相は14日、首相官邸で、新型コロナウイルス感染症への対応に関する記者会見を開いた。2020年夏の東京オリンピックパラリンピックについて「現在も準備を進めている。3月26日には福島を訪れて、(国内での)聖火リレーのスタートに立ち会いたい。感染拡大を乗り越えて、良い大会にしたい」と述べ、予定通りの開催に意欲を示した。

 首相は「アスリート、観客にとって安全安心な大会、感動を与える大会となるように力を尽くしてきた。現在も準備を進めている」と述べた。

 東京オリンピックを巡っては、トランプ米大統領が12日に「1年延期」に言及。延期・中止の判断権を持つ国際オリンピック委員会IOC)のトーマス・バッハ会長は独メディアに「世界保健機関(WHO)の助言に従う」との考えを示した。首相は「IOCなどと緊密に連携をとって、対応していく」と述べた。【秋山信一】

 

 

mainichi.jp

 

クルーズ船対応「最善尽くした」 一段落したら「検証」 首相会見

 

毎日新聞2020年3月14日 18時44分(最終更新 3月14日 19時46分)

 

 安倍晋三首相は14日、首相官邸で、新型コロナウイルス感染症への対応に関する記者会見を開いた。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応について「3700人を超えるクルーズ船で、見えないウイルスとの闘いという前例のないオペレーションだった。限られた資源の中で最善を尽くしたつもりだ」と強調した。
 また、「まずは現在の状況に全力を尽くし、一段落をしたところで検証していく。次に起きた時には万全を期していく必要がある」と述べた。【秋山信一】

 

mainichi.jp