藤枝明誠が4年ぶり3度目の栄冠を手にした。東海大静岡翔洋に3-0で完勝。後半にMF賀茂大紀(3年)がFKを頭で合わせて先制すると、MF中山碧(あお)主将(3年)が右足ミドルで追加点。さらにセットプレーの流れでFW村松寛太(3年)がダメ押しの3点目を奪った。 コロナ禍で揺れたチームは攻撃的スタイルを進化させて、頂点に立った。全国高校サッカー選手権(12月31日開幕)の組み合わせ抽選会は、16日に行われる。

   ◇   ◇   ◇

就任6年目の松本監督が男泣きした。試合終了直後は選手をみつめ、目頭を押さえた。優勝インタビューでは「感動した」。選手をたたえた声は震えていた。

「コロナもあって、1番苦労した」。個性豊かな選手がそろっているが、チームとしてのまとまりがなかった。練習試合では県Bリーグ所属の焼津中央に負けたこともあった。指揮官は「まとまれば力を発揮するのに、それができない」。決勝4日前には覇気がないことを理由に練習を打ち切り。厳しく指導してきた。

それでも、真摯(しんし)に向き合ってきた。「選手は自分の息子だと思っている」。指導の信念はサッカーを通じた「教育」。それも、一緒に成長していく「共育」だという。コロナ禍で思うように練習ができなかった選手の悩み相談にも乗った。この日のハーフタイムには「お前らを信じている」と送り出した。

手厳しい指揮官も、ピッチを離れれば2児の父親。ベンチに持ち込むバッグには、小2長女からの激励の手紙が入っている。家族の支えも力に変えてつかんだ4年ぶりの全国切符。大会を通じて成長した自慢の「息子」たちとともに、全国制覇を目指す。

藤枝明誠・松本監督「感動した」4年ぶりVに男泣き - サッカー : 日刊スポーツ

 

 

J2ジュビロ磐田の高3鈴木、A契約なるか 2戦連続先発
(2020/11/13 17:03)

J2ジュビロ磐田の高校生Jリーガー、DF鈴木海音(かいと、18)が首脳陣の評価を高めている。最近2試合連続で先発出場し、持ち味の対人の強さと攻撃の組み立てで成長した姿を見せた。プロC契約から今季中に待遇面が改善されるA契約への締結条件(J2で900分以上出場)を満たす可能性も出てきた。
 高3の鈴木は磐田ユースから4月にトップチームとプロ契約を結んだ。8月19日の町田戦でデビューを果たしたが、相手の速い寄せに対しボールを蹴り出す場面が目立って前半で交代。プロの洗礼を受けた。
 それでも「プロになった以上、試合に出るんだという気持ちを持ち続けた」と課題の克服に取り組んだ。1学年上のU―19(19歳以下)日本代表候補の合宿に飛び級で招集されたほか、試合勘を失わないために磐田ユースの公式戦に出場するなど鍛錬を続けた。
 チームに新型コロナウイルス感染者が出た影響もあり、11月8日の愛媛戦と11日の新潟戦で先発出場。ともに1失点に抑え、鈴木監督も「ビルドアップでも落ち着いていた」と成長を認めたが、鈴木は愛媛戦後に「前半は積極的に相手の縦パスに寄せられたが、後半は前に強くいけなかった」と課題を口にした。出場した3試合はすべて引き分け。チームを勝利に導けなかった悔しさが募った。
 プロA契約まであと675分。残り9試合の今季中にクリアすれば高校生としてはクラブ史上初となる。復帰間近の主力DF陣との競争に勝つには、勝利につながる活躍が求められる。

J2ジュビロ磐田の高3鈴木、A契約なるか 2戦連続先発|静岡新聞アットエス

 

 

 

ルキアンがヘルニア手術 山本義は右足首負傷 J2ジュビロ磐田
(2020/11/14 08:44)

J2磐田は13日、主力2選手が負傷したと発表した。
 FWルキアン(29)は浜松市内の病院で検査を受け、頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアと診断され、10日に手術した。10月頃に頸部痛を訴えていた。復帰時期は未定。今季は31試合に出場し、チーム最多の10得点を挙げていた。
 DF山本義道(25)は浜松市内の病院で検査を受け、右足関節前距腓(ぜんきょひ)靱帯(じんたい)損傷で全治3週間と診断された。1日の福岡戦で負傷した。8月にJ1横浜Mから期限付き移籍し、14試合に出場している。

ルキアンがヘルニア手術 山本義は右足首負傷 J2ジュビロ磐田|静岡新聞アットエス