明治安田J2 第2節 vs. FC町田ゼルビア

f:id:gabo1322:20210306210924j:plain

f:id:gabo1322:20210306210938j:plain

 

鈴木 政一 監督

――試合の総括
守備のところでのグループ戦術的な部分じゃないですが、ボールに甘かったとき、厳しいとき、そこのオフのマーキングのポジションなど、そこがちぐはぐしていて、ボールに対しての規制が甘すぎて相手に動かれるという部分で、特に前半はリズムが出ないことがあった中で、後半修正したところでリズムを取り戻したかなと思ったのですが、そういったところが失点に結びついたと思います。また、得点に関してはボールの状況のところで、人が動くという部分でいくと、町田さんと比べてうちはゴール前の動きが少なかった。もっとシュート数が増えないといけなかったと思います。

――相手がハイプレスをかけてきた中で失点に繋がってしまいました
やはり、ボランチの遠藤と山本康裕のところをもう少し上手く使えたらと思っていたのですが、そこが少なかったなと。そこが使えることで最後起点にできるのではないかと。そこも含めて相手のプレスのスピードを判断した中で、精度の高いボールを動かす能力がないと苦しいかなと思います。

――攻撃面ではボールを繋いでいたと思いますが、ラストの部分の課題は?
結局は最後の部分で、突破のときのオフの動き不足かなと感じています。いつも言っている中で、人が動いてボールを動かすイメージでサッカーをやっていかないと、スピードダウンしたときに止まった状況では突破できません。またトレーニングからもう一度意識付けをして、トライしていきたいなと思います。

小川 大貴 選手

小川 大貴――開幕2連敗という厳しいスタートになりました
非常に残念ですし、今日は特にホームということで多くのサポーターが集まってくれた目の前で勝てなかったことが本当に残念です。

――次節以降、勝利のために必要なことは?
まずは失点の部分というのは、2試合続けて似たような形で失点していますし、クロスからの守備や間延びしてしまったときの組織的な守備など、はっきりするところが多くあると思うので、次に向けて修正していきたいです。攻撃も1点取りましたが、琉球戦含めて決め切れない、打ち切れないというところが本当にたくさんあったので、ゴールへの意識をもっと高めて、打てるところで打つという積極性を高めて、また1週間やっていきたいです。

――町田が立ち上がりにハイプレスを仕掛けてきました
もちろん来ることは想定していましたし、まずは相手関係なく自分たちの試合の入りというのが前回に引き続き決して良くなかったことが反省点です。そんな中でも、今日は自分たちで意図を持って打開はできたのではないかなと感じています。その状況をもっと早く作ること、特に今日の相手だと自分と(松本)昌也のところで時間が作れる配置だったので、そこをチーム全体で上手く使って、もっと上手くゲーム運びができれば良かったと感じています。

――昨年と比べて前にプレーの選択を持って行く意識が高まっているように感じますが、自分自身のプレーについて
なるべく前へ前へという選択肢やアクションを含めてしていこうと思っていますし、自分や昌也がどれだけサイドで推進力や突破力を持って行くかが大事なポイントになってくると思います。うちは中でボールを持って中、中と行くことが多いので、そこでのワイドというのはセオリー通りですが、しっかり使っていけるように、前への意識を持ってプレーするようにしています。

松本 昌也 選手

松本 昌也――得点シーンを振り返って
ルキアンから良いボールが来ましたし、キャンプからクロスの入り方だったり、そういう部分はたくさん練習してきたので、練習通りの形が試合で出たかなと思います。

――前節、今節と惜しいシュートがありましたが、シュートの意識は強く持っていますか?
個人的にはシュートを意識しているわけではないのですが、そういう形に個人として持って行けていること、そこに入り込めているというのは非常に良いことだと思いますし、今日ももう1点取れたと思うので、そこで決め切れる能力を身につけたいと思います。

――残念な結果になりましたが、次節に向けての改善点を
まずは失点の部分で、集中だったり切り替えだったり、まだまだ足りない部分があると思うので、そこをしっかり修正して、そして攻撃面では複数得点を狙って必ず次節は勝ちたいです。

――得点シーンは意思統一が図れていたのでしょうか?
あの形はゴンさん(中山コーチ)に、いつもニアに必ず1枚は入り込めと練習からしつこく言われていたので、僕も逆サイドでしたけど、そこからしっかり中に入り込めて良いところに入って行って、クロスを上げる方もそこに上げてくるだろうということが共有できているので、ゴールが生まれたと思います。

――次への手応えになりますか?
練習した形でゴールできましたし、そういう形を前節も今節も作れてはいると思うので、最後の決め切るという精度を、しっかり1週間準備してやっていきたいと思います。

――前節、今節と追いかける展開が長いですが、自分たちに一番必要なものは?
繋ぐ意識はもちろん大事ですが、立ち上がりに相手の陣地でサッカーをするためにも、1回蹴ってみる、ロングボールを増やしてみるといった、そういう工夫が必要かなと思います。今日も立ち上がりは相手のプレスが速くて、そうなったときに、後ろへのパスが多くなりGKまで戻ってああいう失点になってしまったので、相手を見ながらしっかりみんなで判断していきたいと思います。もちろん守備の1対1で負けないこと、球際もいつもよりプレスに行くことを意識して、次節はしっかりうちが先制できるように、そして複数得点を奪って勝てるようにやっていきたいと思います。

 

――試合の総括
攻守において用意してきたことができた試合だったと思います。試合前に大事にしていたことは、試合開始から最後まで90分を通してチームとして戦うということです。選手たちは非常にまとまってよくやってくれました。ジュビロさんという強い相手にアウェイの地で我々の力をしっかり見せられたということ、まとまって戦い切れたこと、勝てたことを非常に嬉しく思っていますし、我々の選手たちが素晴らしい働きをしてくれたと思っています。日々成長している姿をみなさんに見ていただけたと思います。

 

明治安田J2 第2節 vs. FC町田ゼルビア | 試合日程・結果 | ジュビロ磐田 Jubilo IWATA

 

 

 C大阪大久保「ゴール前で余裕」3戦4発で記録更新
[2021年3月6日19時42分]

東京対C大阪 前半、ヘディングでゴールを決めるC大阪FW大久保(撮影・横山健太)

東京対C大阪 前半、ヘディングでゴールを決めるC大阪FW大久保(撮影・横山健太)

 

東京対C大阪 後半、MF原川にアシストを決めたFW大久保(手前)を指さすC大阪イレブン(撮影・横山健太)

東京対C大阪 後半、MF原川にアシストを決めたFW大久保(手前)を指さすC大阪イレブン(撮影・横山健太)

 

東京対C大阪 後半、C大阪MF原川にアシストするFW大久保(撮影・横山健太)

東京対C大阪 後半、C大阪MF原川にアシストするFW大久保(撮影・横山健太)

 

明治安田生命J1:東京3-2C大阪>◇第2節◇6日◇味スタ

 セレッソ大阪FW大久保嘉人(38)が、自身初の開幕3試合連続ゴールを挙げた。古巣FC東京戦の前半14分、華麗なダイビングヘッドで先制点をマーク。2試合連続で2-3の逆転負けを喫したが、1得点1アシストで全得点に絡み、これで開幕3戦4発で得点ランク単独トップ。自身の持つJ1最多得点記録を189に伸ばし、改めて完全復活をアピールした。徳島ヴォルティスヴィッセル神戸と1-1で引き分けて悲願のJ1ホーム初勝利を逃した。

    ◇    ◇    ◇

 チョウのように舞った大久保が、華麗なヘディングシュートを決めた。前半14分、右後方にいたMF坂元からの浮き球パスに、前線で相手マークをかいくぐり、頭から飛び込んだ。

「頭にしっかり当てると、たぶん外していた。どうにかして、ちょっとでも触ってゴールに吸い込まれればいいなと。その通りになってよかった」。前頭部にかすらせ、ゴール左にたたきつけた。開幕からの連続得点は15年川崎フロンターレ時代の2戦連発を超える初の3戦連発、3試合で4得点の荒稼ぎだ。

 後半にも一時は勝ち越しとなるMF原川の得点をアシスト。C大阪は開幕3試合すべて2得点し、計6得点のうち大久保が5ゴールに絡む。「できすぎかなと思う。ゴール前で余裕を持ててるのが、やっぱ、大きい。シュートを打ったら入りそうな気がする」。J1最多を更新する189得点を刻み、6年ぶり4度目の得点王も視野に入る。

 絶好調の原因は、オフに初めて取り組んだ低酸素運動だ。空気の薄い空間で練習し、体はより多くの酸素を取り込もうとし、持久力が強化された。昨季J2東京Vで19試合、計736分しか出場していないが、今季はわずか3試合で既に205分に。脂肪を燃焼しやすい体になり、ベスト体重70キロで体はキレ続ける。

 この日は日本代表森保監督が視察した。代表復帰や東京オリンピック(五輪)オーバーエージ枠入りも、今は夢物語でもない。「今は1試合1試合が勝負。チームが勝って、得点やアシストすれば、自ずと後で付いてくる」。6月に39歳になる大ベテランが、努力の末に奇跡的な1年を演出する。【横田和幸】

▼大久保の記録メモ C大阪FW大久保が自身初の開幕3試合連続ゴール。シーズン開幕からに限らず、大久保の3試合以上連続ゴールは川崎F時代の14~15年以来で通算9度目。最長は4試合連続となっている。また、38歳8カ月での3試合以上連続ゴールは、FWカズ(三浦知良=現横浜FC)が神戸時代の04年に達成した37歳8カ月を更新する日本人最年長記録となった。外国籍選手を含めると、94年の鹿島MFジーコの41歳3カ月が最年長。

C大阪大久保「ゴール前で余裕」3戦4発で記録更新 - J1 : 日刊スポーツ

 

 

仙台折れず最後まで意地、震災10年特別な川崎F戦
[2021年3月6日21時6分]

仙台対川崎F 後半、ゴールを決め仙台DF吉野(左)とタッチをかわす同MF上原(撮影・江口和貴)

仙台対川崎F 後半、ゴールを決め仙台DF吉野(左)とタッチをかわす同MF上原(撮影・江口和貴)

 

仙台対川崎F 試合前、黙とうする両チームの選手たち(撮影・江口和貴)

仙台対川崎F 試合前、黙とうする両チームの選手たち(撮影・江口和貴)

 

明治安田生命J1:仙台1-5川崎F>◇第2節◇6日◇ユアスタ

 仙台は東日本大震災から10年を迎える節目のホーム開幕戦で、王者川崎Fに1-5で大敗も、最後まで戦う姿勢を貫いた。前半に4失点と苦しい展開だったが、後半は盛り返して互角の戦いを演じた。J2磐田から期限付き移籍で入団したMF上原力也(24)が、0-4の後半13分に加入後初ゴール。8季ぶり復帰の手倉森誠監督(53)は、13年12月22日の天皇杯準々決勝東京戦(1-2で敗戦)以来、2631日ぶりにユアスタに帰還した。

  ◇   ◇   ◇

 最後まで諦めなかった。新型コロナウイルスの影響で入場者制限はあるもののチケットは完売。9005人のサポーターがホーム開幕戦を見守った。4点を追う後半13分、新加入の上原が意地を見せた。左サイドの気田に長いサイドチェンジのパスを送ると、ボールを受けた気田はグラウンダーのクロスをゴール前へ。マルティノスがシュートを放ち、最後はDFに当たったこぼれ球をこの攻撃の起点になった上原が右足で押し込んだ。

 震災から10年の節目。開幕2戦目で川崎Fと対峙(たいじ)するのは4位と躍進を遂げた11年と同じストーリーだった。上原は「この1戦が仙台にかかわる人たちにとって大事な1戦だと身にしみて感じていたので残念」と悔しがった。

 昨季はコロナ禍による特例のシーズンとなり、J2への降格はなかったが、18チーム中17位。さらに、ホームでは一年を通じて勝利を挙げることはできなかった。1年3カ月ぶりのホーム白星を目指したが、この試合では王者・川崎Fに圧倒的な差を見せつけられた。それでも後半は相手を上回るシュート7本を放ち、最後まで戦い抜く姿勢は示した。

 今季チーム主将を務める蜂須賀は「震災から節目の10年の復興マッチで、相手は川崎で、最高の舞台だと思っていた。勝った、負けたでは天国と地獄が変わるぐらい人生が左右されると思って臨んだ。結果は1-5で歯が立たなくて、震災で亡くなったサポーターの方がたくさんいると思いますが、その人たちのことを思うとやってはいけない試合だった」と振り返った。次戦は10日にアウェー鳥栖戦。王者に大敗した悔しさをぶつけ、今季初勝利を次こそつかみ取る。【山田愛斗】

仙台折れず最後まで意地、震災10年特別な川崎F戦 - J1 : 日刊スポーツ

 

 

磐田が開幕2連敗「マーキングがちぐはぐに」監督
[2021年3月6日19時12分]

 

試合に敗れ、肩を落とす磐田の選手たち

試合に敗れ、肩を落とす磐田の選手たち

 

開幕連敗を喫し、うなだれながらピッチを後にする磐田の選手たち

開幕連敗を喫し、うなだれながらピッチを後にする磐田の選手たち

 

明治安田生命J2:磐田1-3町田>◇第2節◇6日◇ヤマハ

 J2ジュビロ磐田は1-3で町田に敗れ、2部所属では初の開幕2連敗を喫した。1点を追う前半30分にMF松本昌也(26)が同点ゴールを挙げるも、その後2失点。22チーム中の暫定20位へ落ちた。

   ◇   ◇   ◇

 反撃ムードも一瞬でしぼんだ。磐田は1点を追う前半30分、MF松本が右クロスを右足で合わせて、同点とした。「練習していた形だった」と理想のゴールで追いつくも、2分後に失点。追う展開となった後半28分には前掛かりになった隙を突かれ、3失点目を喫した。J2では初となる開幕連敗スタートに、松本は「集中力がまだまだ足りない」。今季チーム1号を挙げた喜びはなかった。

 またしても、立ち上がりだった。開幕の琉球戦は開始1分で失点。この日も前半9分に先制点を許した。鈴木政一監督(66)は「マーキングがちぐはぐになった時間があった」。前節の反省を全く生かせなかった。順位は暫定ながら20位。まだ2試合だが、悪い流れを断ち切らなければ、目標の来季J1復帰は遠のいていくばかりだ。「次は複数得点で必ず勝ちたい」と松本。切り替えて、はい上がっていくしかない。【神谷亮磨】

磐田が開幕2連敗「マーキングがちぐはぐに」監督 - J2 : 日刊スポーツ

 

 

 

 

f:id:gabo1322:20210306211300j:plain

 

 

 前田遼一氏「思いは若い選手に」リーグVの夢託す
[2021年3月6日18時28分]

サポーターに手を振りながらピッチを一周する前田氏(撮影・神谷亮磨)

サポーターに手を振りながらピッチを一周する前田氏(撮影・神谷亮磨)

明治安田生命J2:磐田1-3町田>◇第2節◇6日◇ヤマハ

 試合後、昨季限りで現役を引退した元日本代表FW前田遼一氏(39)の引退セレモニーが行われた。

 ジュビロ磐田では00年の入団から15年間在籍。09年から2年連続でJ1得点王にも輝いた。「ジュビロでリーグ優勝ができず、W杯のピッチでも活躍できなかった」と声を詰まらせたが、「その思いは若い選手たちに託そうと思います」と力を込めた。今年から磐田U-18のコーチを務めている。

前田遼一氏「思いは若い選手に」リーグVの夢託す - J2 : 日刊スポーツ