ジュビロ磐田は2-1でSC相模原を退け、2017年以来、4シーズンぶりの3連勝を飾った。

 前半5分、左クロスをFWルキアン(29)がヘディングで押し込み、先制点。自身4試合連続ゴールでリードを奪うと、同点で迎えた後半29分に再び勝ち越した。右クロスをルキアンが頭で追加点。ブラジル人助っ人の2ゴールで勝ち点3を積み上げた。

 武器を最大限に生かした。ルキアンは「クロスからの攻撃は練習からやっていた形。うまく合わせられた」。この日挙げた2得点はサイド攻撃のクロスから。ゴール前では相手DFからの厳しいマークをはじき返してネットを揺らした。

 磐田での4試合連続得点は、2009年の元韓国代表FWイ・グノが記録して以来、12シーズンぶりの快挙。「FWにとってゴールは大事。自信につながる」と声を弾ませた。チームでは不動のエースだが、今季はチームプレーを優先し、前線からの守備も怠らない。鈴木政一監督(66)も「チームのために動いていることが結果につながっている」と目を細める。

 次戦は中2日で大宮アルディージャをホームに迎える。ルキアンは「次ももちろんゴールを狙っていく」と力強く宣言した。

磐田が4シーズンぶりの3連勝、ルキアン4試合連続ゴール「次も狙う」 - J2 : 日刊スポーツ

 

f:id:gabo1322:20210418204527j:plain

 

 

 


www.youtube.com

 

磐田に2mGKコシェレフが合流「J1昇格へ全力でやりたい」決意
[2021年4月19日16時27分]

 

 J2ジュビロ磐田に加入したモルドバ人GKアレクセイ・コシェレフ(27)が19日、チーム練習に初めて合流した。

 約1時間半の練習を消化。オンラインで取材に応じ、加入した喜びを語った。初日の練習を終え「いい環境の中でやれた。チームの印象もすごくいい」と笑顔を見せた。

 取材では「ありがとうございます」などと流ちょうな日本語も披露。モルドバ代表で身長2メートルの大型GKは、自身初となる日本でのプレーに胸を躍らせている。クラブからの熱烈オファーに「即決した」と明かし、「サッカーのスタイルや文化は違うけれど、不安は全くない」と強調した。

 先月1日の加入発表後は、前所属のオランダ1部フォルトナ・シッタートで練習を続け、今月2日に来日。「Jリーグの試合もたくさん見た。自分がそこでいいプレーをしたい」と意気込んだ。

 コンディションも万全だという。選手登録が順調に済めば、最短で25日のアウェー・モンテディオ山形戦から出場できる。期待の新戦力は「GKとしてゴールを許さないことが自分の仕事。J1昇格を勝ち取るために全力でやりたい」と決意を口にした。【神谷亮磨】

 

磐田に2mGKコシェレフが合流「J1昇格へ全力でやりたい」決意 - J2 : 日刊スポーツ