さとしくん さっぱり床屋さん

 7月29日(木)

曇りがちな天気で、ところにより雨

未明から朝方には雷が鳴って

ラジオ体操に行けるかなぁ

そして、日中は蒸し暑く

なんでもありの、夏の天気。

 

 午前中の課題・宿題を終えて

さとしくんを床屋さんに連れてきましたよ

まなみさんも、ずっと部屋に籠るのも

ストレスになる。

「刈り上げて、夏らしくさっぱりとお願いします」

VOXYくんで出掛けて

床屋さんのあとは、買い物もない。

今年も基本、、中止の荒祭り

8月には来ないだろうと

焼津神社にお参り。

 

f:id:gabo1322:20210729110235j:plain

 

 元の社務所があった場所が工事中でした。

トイレがあって、隣に「駐車場」ってことでしょうか?

臨時駐車場のお知らせ、、

7月15日~8月6日まで

かなり広い駐車場ができあがるんですね。

 

f:id:gabo1322:20210729110138j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729110140j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729110143j:plain

 

 さとしくんのさっぱりヘヤーを紹介する予定が

参拝してからの、工事現場チェックになってしまいました。

荒祭りの宵宮がないと

こどもたちの記憶に残らないことが

少し残念ですねぇ。

 父や母は花火の音で

「神輿は今どこを立ったのか」

そんな会話を毎年していました。

自分はお神輿の現場って見たことないですもん

父は若いころには神輿を担いでいたし

伯父貴は自分たちの結婚式で

水産大学校を卒業した漁労長さん)

「あんえーとん」

自分の記憶には

焼津神社って、近いようで、、遠い。

 

 

f:id:gabo1322:20210729140042j:plain

 

f:id:gabo1322:20210729140043j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729140048j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729140049j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729140154j:plain



f:id:gabo1322:20210729140245j:plain

 「トノサマバッタ捕まえた!!」

 

 

f:id:gabo1322:20210729140303j:plain

 

 

 

f:id:gabo1322:20210729140304j:plain

 

 

 

f:id:gabo1322:20210729140305j:plain

 

 

 

f:id:gabo1322:20210729145000j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729145017j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729145019j:plain

 

 

 

f:id:gabo1322:20210729145308j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729145335j:plain

 

 

 

f:id:gabo1322:20210729145339j:plain

 

 

f:id:gabo1322:20210729145503j:plain

 

 

 さとしくん

夏らしく、さっぱりしたでしょ!

 

 

 

 

 

焼津神社本殿に地元産い草の畳 

都内メーカー、市内栽培から5年

5時間前

 焼津市の焼津神社は本殿の畳を、畳ふすまメーカー「キツタカ」(東京都)が市内水田で栽培したい草を使った製品に張り替えた。同社は5年前から栽培を実施し、昨年に製品化までこぎ着けた。地域住民の親しみ深い建物に敷くことで、ブランド確立の弾みとしたい考えだ。

 

地元産のい草で作った畳に張り替えられた本殿=焼津市の焼津神社

地元産のい草で作った畳に張り替えられた本殿=焼津市の焼津神社

 

 

 張り替えたのは同神社本殿に20年ほど前から敷いている49畳分の畳。同社が昨年収穫したい草で作った製品を持ち込み、このほど設置した。鈴木啓央宮司は「焼津でい草を作っていることをアピールできれば」と話す。
 同社が栽培している同市田尻北の水田は、海岸に近く塩害の影響を受けることから、水稲栽培が困難とされていた。そのため、塩害に強いとされるい草を導入し、産地化を視野に栽培を進めている。
 昨年は約2千平方メートルで畳800枚分のい草を収穫した。今年は約4千平方メートルにまで広げて、収穫量の増加を目指す。
 (焼津支局・福田雄一

焼津神社本殿に地元産い草の畳 都内メーカー、市内栽培から5年|あなたの静岡新聞