5年2組学級だより 進撃の五輪 1月17日

f:id:gabo1322:20220124214032j:plain


 

 

動き出したぞ、プロジェクト!

 

 

☆6年生ありがとう集会の会議をしました。私は笑〇さんと司会を担当することになりました。内容や流れを考えるとき、6年生にありがとうを伝えられるような文章を考えるようにしました。しっかりと司会ができるように、まずは原こうづくりをかんばります! I

 

☆六祝会について話し合いました。チームの発表があり、私は希望の進行プロジェクトになれました。私は「カンシャチ」をやろうと思ったけれど、みんなで話し合ったら、司会をやってほしいと言ってもらったので、せっかくだから司会をやってみることにしました。がんばります! E

 

☆1年生の出し物の前にやる劇を考えた。マリオの劇で、ぼくはマリオをやることになった。内容を決めるとき、ぼくは実行委員としてみんなの意見をまとめたり、自分からこういうのがいいんじゃない?とかセリフを考えたりできた。セリフはまだ細かいところができていないけれど、みんなで案を出し合って、6年生に「ありがとう」の思いを伝えたい!

f:id:gabo1322:20220117214209j:plainf:id:gabo1322:20220117214153j:plain



☆六祝会のチーム、私は「あつ森」のメンバーになりました。劇の内容も決まりました。これから原こうを考えたり、材料うあ必要な情報を集めていきます。とても楽しみです。チームメンバーと協力していきます! T

 

☆ばくは「あつ森」の担当になりました。あつ森メンバーで内容などを話し合うと、いろいろな意見が出て、すぐに内容が決まりました。短い時間で自分の役も決まって作るものを決まったので、「すごい!」と思いました!

 

☆六祝会でぼくは「あつ森」の担当になりました。劇の内容を考えて、6年生を登場させて、3年生の出し物にふる流れ、そして2分ほどでできそうな劇を考えることができました。あとは、セリフと道具。道具はすでに少し分担しているので、早めに作って、セリフも考えて、どんどん練習できようにします!

 

☆六祝会会議をしました。ぼくは「ドラクエ」の劇のリーダーになりました。ドラクエチームは全員の役が決まって、流れもある程度決まりました。4年生の出し物の前にやる劇で、この会の1番始めにやるので、六祝会を楽しく盛り上げられるような劇を作りたいです!

 

f:id:gabo1322:20220117214331j:plainf:id:gabo1322:20220117214404j:plain

☆ぼくのチームは「カービィ」です。話し合いでは、どんどんみんな積極的に意見を出して、台本が途中まで決まりました。休み時間などを活用して決められた期間までに完成させるようにします!

 

☆私はカービィの劇を担当することになりました。チームは朝〇さん、〇人さん、〇瀬さん、遼〇さん、莉〇さんです。私は住民の役で莉〇さんとやります。ストーリーwみんなで考えてどんどん練習できるようにしたいです!

 

☆出し物チームの担当になりました!ダンスの曲も「もう少しだけ」に決まったので、振り付けを覚えて、5年生のみんなや4・5組さんに分かりやすく伝えていきたいです。家でも練習をがんばります! M

 

☆六祝会の出し物の歌は「もう少しだけ」に決定!スローガンにも合ういい曲だと思いました。ダンスもしっかり覚えて4・5組さんに分かりやすく教えられるようにしたいです!

 

☆私は「カンシャチ5」の「シャイニング」になりました。6年生がこの1年間輝いた姿を伝え、次は私たちが引っ張っていって輝いてみせる!という決意表明をします!なので、振り付けやセリフを黒潮っ子集会の何倍もレベルアップさせて、富美彦先生を泣かせます(ニヤリ)!

f:id:gabo1322:20220117214438j:plain

 

 6年生ありがとう集会の準備が本格的に始まりました。自然教室と同じで、この会も「全員が主役」です。五輪にかけて「感謝リンピック」という形で、6年生に感謝を伝える会という大きな枠は実行委員たちで考えてくれました。だけど、ここからは5年生みんなで会を創るのです!全員に出番があります。さっそくチームも決まって、私の予想を遥かに上回る勢いでチームごとに話し合いを進めていきました。本当に驚きました。

 自分たちで企画するって楽しい!こんな思いをもってもらいたい。曲や劇、原稿を考えたり、流れを考えたり、流れを考えたり、自分たちで企画するって楽しい!創りあげるって楽しい!全校を動かす会を企画できるのです。みんなの前で発表できるのです。こんな大チャンス、そうそうないよ。思いっきり楽しんでやってみよう!5年生のすごさを魅せつけよう!そして、富美彦先生を泣かせよう(笑)!

 

 



 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com